ここから本文です

木村拓哉『ロンバケ』続編はあるの? 脚本家・北川悦吏子からの「正式回答」

2/25(火) 21:00配信

週刊女性PRIME

『グランメゾン東京』(TBS系)最終回視聴率16・4%、正月スペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)平均視聴率15・1%と、主演ドラマで立て続けに高視聴率を記録した木村拓哉(47)。

【写真】木村拓哉&工藤静香、空港での仏頂面ツーショット

「かつては、ドラマに主演すれば視聴率20%超えが当たり前という“キムタク神話”がありましたが、ここ数年は陰りが見えていました。ですが今回、これだけの数字を出したことで、“完全復活”とも言われています」(テレビ局関係者)

 その影響か、あの“月9”ドラマが再び脚光を浴びつつある。'96年に放送された『ロングバケーション』(フジテレビ系/以下、ロンバケ)だ。木村演じる冴えないピアニスト・瀬名秀俊と、山口智子扮する落ち目のモデル・葉山南とのラブストーリーは、毎週月曜の放送時間になると「街からOLが消える」とまで言われたほどの社会現象を巻き起こした。

 最終回視聴率は驚異の36・7%を記録。久保田利伸が歌った主題歌『LA-LA-LA LOVE SONG』も200万枚を売り上げた伝説のドラマだが、リアルタイムで見ていたファンが懐かしんでいるだけかと思いきや、“神話”を知らない10代、20代女子までも夢中になっている。

 20年来の木村ファンだという主婦は、

「中学生の娘が『ロンバケ』にハマっちゃって。木村さんのソロアルバムまで買ってきましたよ(笑)」

 20代の女性会社員も、

「『グランメゾン』で“キムタク、カッコいい”って思って、ネットで過去ドラマ探していちばん評価が高かったので一気見(笑)。私だけじゃなくて、周りの子もけっこう、『ロンバケ』見てますよ」

 そんな中、『ロンバケ』の“生みの親”である脚本家・北川悦吏子氏が2月11日付のツイッターでつぶやいた。

《拓哉くんのライブ行って来ました!(中略)ロンバケの映像とイントロが流れた時の、観客のみなさんのキャ─! という声に、ジンと来て、また書こう! と誓いました》

 同日に行われた木村の初ソロツアー東京公演。『ロンバケ』の1シーンがステージ上のスクリーンに流され、木村が『LA-LA-LA~』を熱唱する─という演出を受けてのツイートなのだが、この《また書こう! と誓いました》にファンは“すわ続編宣言か!?”と大盛り上がり。北川氏のツイートには、

《えっ?! えっ?! ロンバケ再びですか》

《今の南とセナでロンバケ観たいです~》

《書いてください! 南とセナのその後が見たいです》

 といったコメントが次々寄せられ、3700以上の“いいね”が押されている(2月21日時点)。

1/2ページ

最終更新:2/25(火) 22:27
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事