ここから本文です

警察組織の素朴な疑問…警察庁長官と警視総監はどっちが偉い?

2/25(火) 8:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

不正アクセスや煽り運転など、現在の日本では誰もが被害者になる可能性があります。本記事では、一般人も知っておきたい警察組織の仕組みについて、警察OBが解説します。※本連載は『新装改訂版 警察は本当に「動いてくれない」のか』(幻冬舎MC)から一部を抜粋し、改編したものです。

警察行政を担うのが警察庁、現場で捜査するのが警視庁

まずは警察の組織について見ていきましょう。警察の世界にいる人間であれば当然のように承知していることでも、一般の人の間では知られていないこと、あるいは誤解されていることは数多くあります。

その代表的な例は「警察庁」と「警視庁」の違いでしょう。この二つの「庁」をまったく同じようなものだと思っている人、「警察庁」も「警視庁」も事件を捜査するための組織だと思い込んでいる人は少なくないかもしれません。しかし、両者の役割や行っている仕事はまったく異なっています。

まず、「警察庁」は中央省庁の一つになります。つまりは、財務省や経済産業省などと同じ「国の役所」です。「財務省は国の財政を司る」「経済産業省は経済産業に関する政策を取り決める」というように各省庁にはそれぞれ担当業務がありますが、警察庁は警察組織を管轄し、警察行政を執り行うのが仕事になります。

一方、「警視庁」は都道府県に置かれている捜査機関の一つです。各都道府県には埼玉県警察、神奈川県警察などの「都道府県警察」が設けられています。また、その本部として「警察本部」が置かれています。「警視庁」は東京都に置かれている都道府県警察並びに警察本部の名称なのです。

つまり警視庁は、呼び方は異なるものの、その中身自体は他の県警と全く変わりありません。当然、そこに所属する警察官の仕事もみな同じです。

すなわち、警察庁の警察官が各種政策の企画立案や立法作業にあたるのに対して、警視庁をはじめとした都道府県警察に所属する警察官は現場に出て捜査活動を行うわけです。

警視庁のトップだけが「警視総監」と呼ばれる理由

警察庁の長は警察庁長官、警視庁のトップは警視総監です。また警視庁以外の各都道府県警では警察本部の警察本部長が指揮官役を務めています。警視庁のトップだけが警視総監と呼ばれているのには、警察独自の階級制度が関係しています。

警察組織における階級は、「巡査」から始まり、「巡査部長」「警部補」「警部」「警視」「警視正」「警視長」 「警視監」「警視総監」へと上がっていく仕組みになっています。このように警視総監は警察の階級で頂点の地位にあり、定員は1名です。

警視庁は、形式上は都道府県警察の一つに過ぎませんが、実質面においては〝首都警察〟として最大の人員と装備を備えています。この日本最大の警察組織のリーダーは、警察の階級の頂点にいる者が務めることが適切である――そのような考えを前提にして警視総監が警視庁のトップになっているということができるでしょう。

なお、各都道府県警察は警察庁の指揮監督を受けることもありますが、基本的には独立して捜査活動などを行っています。したがって、事件捜査の際に警察庁長官と警視総監の間でどちらが上でどちらが下というような優劣関係が問題となる場面は、ほとんど考えられないでしょう。

1/2ページ

最終更新:2/25(火) 8:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ