ここから本文です

米民主党候補者討論会、初参加のブルームバーグ氏が完敗した瞬間

2/25(火) 8:20配信

Rolling Stone Japan

政敵を共産主義者呼ばわり

3.バーニー・サンダース氏はブルームバーグ氏の巨額の資産について非難 ブルームバーグ氏は政敵を共産主義者呼ばわり

追い詰められたブルームバーグ氏は、ライバルたちは「共産主義者」だと言い返し始めた。ウォーレン氏はこれを「卑劣な行動」と呼んだが、この自称「穏健派」の大富豪の存在によって、他の候補者が同盟を組んでいるかのように見えた。展開を盛り上げるために共和党員のヒールがリングに投げ込まれたかのようだった。

実際これは真実からそう遠くない。ピート・ブティジェッジ氏が指摘した通り、ブルームバーグ氏はかつて共和党員だった。サンダース氏も、ブルームバーグ氏がジョージ・W・ブッシュ元大統領の再選を支持していたことについて言及した。件の言い合いはサンダース氏がブルームバーグ氏の莫大な資産について批判し、彼のような大富豪に中間層より低い実効税率を設定する税法を制定した議会に在籍していたサンダース氏に批判される謂れはないと、ブルームバーグ氏が反論したときに起きた。

「それはあなたです!」サンダース氏は直ぐに言い返した。「あなたやあなたを支持する人たちが富裕層や権力者の代弁者を当選させているんです」

「共和党員もいました」当選者の中には民主党員もいたというブルームバーグ氏の指摘にサンダース氏が反論。「ジョージ・W・ブッシュ氏もそうです」

ブルームバーグ氏は共産主義呼ばわりに加え、さらに右派の常套手段に出た:裕福なサンダース氏が自らを社会主義者だと言うのは偽善だと言い出した(フォーブス誌によるとブルームバーグ氏の資産は700億ドル近くある一方、サンダース氏の資産は250万ドル)。


4.ジョー・バイデン氏とウォーレン氏が共にブルームバーグ氏をストップ・アンド・フリスク政策について非難、ブルームバーグ氏は擁護

立候補を表明してから、特にここ数週間、ニューヨーク市長時代に制定したストップ・アンド・フリスク政策(訳注:停止身体検査権、職務質問)についてブルームバーグ氏に批判が殺到している。政策は人種差別的で、犯罪発生率を下げるという名目で有色人種の人が意図的に標的にされている。憲法で定められているマイノリティたちの人権を侵害しているため、効果の有無は関係ない。「謝罪したかは関係ありません、政策そのものが問題です」とバイデン氏は主張した。「最悪の政策です。人々が持つ権利の全てを侵害しています」

ブルームバーグ氏は政策はあまりに多くの人々を標的にしてしまったと答えたが、その言い訳はウォーレン氏によって見事に論破された。「これはリーダーシップと責任の問題だと思っています」とウォーレン氏。「市長の謝罪をよく聞いてください。彼が謝っているのはストップ・アンド・フリスクの結果についてです。しかし、問題は結果ではなく、そもそもこの政策が何のために作られたかです」この発言に拍手が沸き起こった。「有色人種の方が標的にされていました。最初から黒人や褐色人種の方を標的にされていたのです」

民主党指名争いに遅れて参戦し、討論会でひどい姿を見せたにも関わらず、ブルームバーグ氏は以前有力候補として残っている。19日以前、全国を対象にした世論調査ではバイデン氏に1ポイント、サンダース氏に10ポイント以上の差をつけられて3位に入っている。ラスベガスでのパフォーマンスが彼の支持率にどう影響するかはまだ誰にもわからないが、上がることはないだろう。

Translated by Mika Uchibori

Ryan Bort

2/2ページ

最終更新:2/25(火) 8:20
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事