ここから本文です

井上尚弥戦へ、カシメロ陣営は万全調整 異例の試合40日前に決戦の地ベガス入り

2/25(火) 13:35配信

THE ANSWER

現在はマイアミで調整中、ギボンズ氏が早期の現地入りを明言

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。現在一足先に米・マイアミ入りし、事前合宿をおこなっているカシメロだが、統一戦より40日も前に決戦の舞台、ラスベガスで最終調整を行う方針が発覚。フィリピン地元紙「マニラ・ブレティン」が報じている。

【画像】カシメロもびっくり!? 「いい身体になっとる」と反響、その肉体は…井上尚弥が公開した最新合宿の“バッキバキボディー”の実際の写真

 カシメロがモンスター撃破へ万全を期す。カシメロのプロモーターで「MPプロモーションズ」のショーン・ギボンズ氏は24日、米ラスベガスで事前合宿の最終準備について明かしたという。

「ジョンリエルは3月15日にラスベガスに到着することになる」とギボンズ氏は語ったという。カシメロは2月に米国入り。マイアミでキューバ人トレーナーの指導を受けて調整を進めている。

 そして、決戦40日前に伝説の6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)のアシスタントトレーナーを務めていたノノイ・ネリ氏や、コンディショニングコーチのメモ・エレディア氏らと陣営とともにラスベガス入りするという。フィリピン人ファイターは現地に完全に適応した状況で井上戦を迎える準備を進めている。

 記事では「カシメロはWBOの王冠をマンダレイ・ベイに持ち込む。一方、大本命のイノウエはWBAとIBFのベルトを提げるが、ハードヒッター同士の乱打戦が予想される」と分析。周到な準備を重ねるカシメロ陣営だが、井上優勢の見方は変わっていない。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/25(火) 16:59
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ