ここから本文です

清原翔、イケメン御曹司役で「恋つづ」出演!「ほれてしまう気持ちは分かります(笑)」

2/25(火) 5:00配信

ザテレビジョン

2月25日(火)放送の「恋はつづくよどこまでも」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)第7話から、清原翔がイケメン御曹司役で出演する。

【写真を見る】清原翔演じるイケメン御曹司・上条が、七瀬(上白石萌音)に急接近!?

清原が演じるのは、難しい症例の病を抱え、日浦総合病院に入院してくる上条周志(かみじょう・ちかし)。

上条はある日、街中でひょんなことから七瀬(上白石萌音)と知り合う。その時に起こったアクシデントがきっかけで、七瀬が看護師であることを知った上条は、特別室のVIP待遇で日浦総合病院に入院してくる。

大企業の社長の御曹司である上条は、七瀬を自分専属の看護師に指名する。

男性ファッション誌「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして人気の清原は、CMや映画、ドラマにも出演し、2019年放送のNHK連続テレビ小説「なつぞら」でヒロインの兄を演じて一躍注目の存在となった。

現在も数々の作品に出演する他、情報番組でプレゼンターに就任するなど活躍の幅を広げている。

そんな清原が今作で演じる上条は、七瀬と天堂の関係を揺るがす存在になる可能性も。

2月18日放送の第6話では、眠ってしまった七瀬に対して天堂(佐藤健)が思わずキスをしたシーンが流れると、視聴者から「ずるい! 天堂先生」「寝ているときのキスは反則」「キュンキュンが止まらない」といった声が上がっていた。

仕事にはドSな天堂が、これから七瀬にどんな表情を見せていくのかにも期待が高まる。

■ 清原翔コメント

TBSのドラマには何度かゲストで出演させていただいているのですが、皆さんに雰囲気をよくしていただいて、今回もとても入りやすい現場でした。それは、演技にも反映されていると思います。

恋愛ドラマはあまりやったことがないので、新鮮な気持ちで挑めているような気がしています。七瀬役の上白石萌音さんは、誰にでも気さくに接していて、礼儀正しくて育ちの良さが出ていて、素直にいい人だなって思いました。

患者がナースに恋をする設定は、ないことはないなと思いました(笑)。優しいし、ある程度の身の回りのことをやってくれて、ほれてしまう気持ちは分かります(笑)。

天堂役の佐藤健さんは、いろんな作品を見させていただいていたすごい方なので、とても緊張しました。

第7話から、七瀬ちゃんと天堂先生の仲をごちゃごちゃさせる役をやらせていただきます。楽しんでやらせていただいています。皆さまぜひご覧ください!

(ザテレビジョン)

最終更新:2/25(火) 5:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ