ここから本文です

八ヶ岳山麓、諸星大二郎『暗黒神話』の地で縄文と諏訪信仰に触れる

2/26(水) 18:18配信

ニューズウィーク日本版

◆富士山に見送られ、縄文文化の核心地を目指す

昨年2月10日に東京湾をスタートして、神奈川県の北端をかすめてから山梨県をひた歩き、15回目の前回、ついに4都県目の長野県に入った。ゴールの日本海まであと一息と言いたいところだが、この長野県が広い。今日一日歩き終えれば、やっと全行程の約半分となる予定である。

●動画:2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

「新時代の日本を愚直に歩いて見つめ直したい」というこの旅に、なぜ、東京湾から新潟県の糸魚川市を目指すこのルートを選んだのか。理由は3つある。
(1)日本を東西に分けるフォッサマグナに沿った、地理的に本州のほぼ中央を貫くルートだから。平均的な日本の姿を見るために列島を太平洋から日本海に向けて横断するのなら、単純に真ん中を歩けば良かろうという発想。
(2)日本固有の文化のルーツは縄文時代にある。縄文遺跡が豊富で関連した諏訪信仰もある八ヶ岳・諏訪湖周辺で、その一端に触れたい。
(3)ルートのほぼ中間地点に、筆者が東京から移住した山荘がある。客観的な見聞に自分の個人的な体験や思いを合わせた方が記事に厚みが出るだろうと考え、ある程度土地勘があるルートを歩きたかった。そこで、今も仕事場がある東京からスタートして移住先の諏訪地方を通過する、何度も車で往復しているこのルートを選んだ。

今回は、八ヶ岳の西側の山麓を南から北に上がり、(3)の白樺湖・車山の少し下にある自宅を目指す。途中のハイライトは、(2)の縄文文化の核心を突く「尖石遺跡」である。この諏訪地域に根付く日本人のルーツに思いを馳せながら、自分が根を下ろす自宅を目指すという、なかなかいい趣向の歩き旅になりそうである。それを完遂するには、これまでで最長の30km弱を歩かなければならない計算だ。そのため、スタート地点(前回のゴール地点)の富士見高原スキー場を、いつもより早く、夜明けとともに出発した。「富士見」と名がつく地名は首都圏はじめ至る所にあるが、今もくっきりと富士山が見える場所は少ない。その点、この長野県富士見町から見る朝焼けの富士山は、町名に恥じない見事な姿であった。

1/6ページ

最終更新:2/26(水) 20:23
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ