ここから本文です

『新しい地図』はSMAPの楽曲を歌えない? ジャニーズ事務所に直撃した結果

2/26(水) 4:00配信

週刊女性PRIME

 2月19日と20日に、大阪で木村拓哉のソロコンサートが行われた。

「2月8日の東京公演から始まった初のソロツアーです。1月8日に発売したソロアルバム『Gо with the Flоw』を引っさげたもの。アルバムに収録されている曲が中心でしたが、過去に出演したドラマの主題歌や『SHAKE』や『夜空ノムコウ』など、SMAP時代の曲も歌いました」(スポーツ紙記者)

【写真】中居正広、キックボードでコンビニに買い出しにいく衝撃

 念願のステージは大成功に終わったが、'16年の解散以降、誰も歌わなかったグループの曲をひとりだけ歌ったことに対して、ファンから批判が相次いでいる。

「SMAPの曲はファンの間で“5人のもの”というイメージが強いんです。それを歌ったことで、インターネット上では《新しい地図の3人や中居クンの曲でもあるのに、ひとりだけ歌うのはひどい》など、辛辣な声があがっています」(同・スポーツ紙記者)

『JASRAC』に使用料を払えば……

 SMAPが解散し、ジャニーズ事務所に残留した中居正広と木村拓哉に対して、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人は'17年9月に退所した。

「これまで、彼らはファンの前で自分たちの曲を披露することはありましたが、SMAPの曲を歌ったことはありませんでした。そのため、ファンの間では《3人が歌わないのはジャニーズ事務所が許可しないからでは?》という声があがっています」(レコード会社関係者)

 たしかに、著作権に守られた楽曲を許可なく歌うことは難しそう。しかし、取材を進めていくと意外な声が聞こえてきた。

「事務所の許可を取らなくても、SMAPの曲は歌えますよ。ライブで1~2曲歌う程度なら、音楽の著作権を管理する『JASRAC』に新しい地図サイドが曲の使用料を払うなど、手続きを踏めば歌うことはできます」(別のレコード会社関係者)

『弁護士法人・響』の坂口香澄弁護士も、香取たちがSMAPの曲を歌う際に、古巣の事務所に許可を得る必要はないと話す。

「ライブやCDで歌う際も、JASRACに楽曲の使用料を払えば、著作権法上問題なく歌えます。ただ、作詞された歌詞を変えて歌うなど、もともとの曲をアレンジして使う場合は、翻案権や著作者人格権にあたるため、ジャニーズ出版や作詞・作曲者の許可が必要になります」

 法律上、自由に歌えるのであれば、香取たちも木村のようにライブで『夜空ノムコウ』を歌えるということだ。では、なぜ彼らはいまだに歌わないのか。実は、法律でないところでこんな“制約”がある可能性が。

1/2ページ

最終更新:2/26(水) 12:18
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ