ここから本文です

JFAがコロナウイルス対応を発表。日本代表のワールドカップ予選は「今後の事態を注視」

2/26(水) 19:14配信

フットボールチャンネル

 日本サッカー協会(JFA)は26日、新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止に向けた各種の対応および方針について発表を行った。

【写真で見る】一番かっこいいのは…? 日本代表歴代ユニフォーム一覧

 Jリーグでは3月15日までに開催が予定されていた全ての公式戦を延期とすることを25日に決定。各クラブも練習や練習試合の見学中止、ファンサービス中止などそれぞれの対応を発表している。JFAでも対応策をまとめた。

 今後2週間は多数の観客が集まるようなイベントの中止や延期、規模縮小を要請するという日本政府の方針表明を受け、JFAでもその方針に沿った対策を決定。2月27日から3月15日まで、JFAの関わる全ての会議やイベントを原則として延期または中止するとのことだ。

 3月14日から22日までに開催が予定されていたJFA第25回全日本フットサル選手権大会は中止。3月7日に埼玉での開催が予定されるU-20日本女子代表とU-20ドイツ女子代表の国際親善試合については、無観客試合の方向で可否を判断するとしている。

 3月26日および31日に予定される日本代表のFIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選の2試合、ホームでのミャンマー戦(豊田)とアウェイでのモンゴル戦については、国際サッカー連盟(FIFA)およびアジアサッカー連盟(AFC)と連携した上で「今後の事態の推移を注視し判断を下す」とのことだ。

 東京五輪を目指すU-23日本代表の試合についても、現時点では開催可否の決定は下されていない。3月27日には京都でU-23南アフリカ代表と、同30日には福岡でU-23コートジボワール代表との国際親善試合が予定されているが、「可及的速やかに開催の可否を決定」するとJFAは述べている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2/26(水) 19:14
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事