ここから本文です

柴崎岳への指揮官の信頼は絶大。 「めちゃくちゃ『おいしい』選手だ」

2/26(水) 6:00配信

webスポルティーバ

42試合を戦う長丁場のスペイン2部リーグ。第29節を消化し(チームによっては28試合)、最終コーナーに入ろうとしている。

【画像】柴崎岳を目覚めさせた名将の手腕

 トップを走ってきたアルメリアが急落。第25節から3敗2分けで3位に下がり、自動昇格圏から外れてしまった。元レアル・マドリードの人気選手だったホセ・マリア・グティエレス監督(愛称はグティだが、本人が監督として敬意ある呼び方をリクエストした)が旋風を起こしていたが、戦い方が研究されたか。グティエレス監督は今や解任の危機にある。

 2部を戦い抜くのはそれほどまでに難しい。ちょっとしたきっかけで、チームの出来が急転する。

「地獄」

 そう形容される理由は、拮抗した実力で息が抜けず、長く厳しい戦いを乗り越える必要があるからだ。3人の日本人選手は、地獄を戦い抜けるのか?

 現在2位のサラゴサのMF香川真司だが、"主役級"だった序盤の存在感はない。たび重なる筋肉系の故障で、徐々にトーンダウン。直近の3試合は出場がない状況だ。

「私はボールプレーヤーが好きだし、彼らをプレーさせることを優先する」

ビクトール・フェルナンデス監督は常々そう言っているように、香川への期待は大きく、コンディション次第でピッチに送り出してきた。元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマールの才能を花開かせ、攻撃サッカーを信奉するだけに、香川のひらめきに敬意を払っているのだろう。ただ、ケガの多さには頭を抱えている様子だ。

 香川は、スペイン国王杯のレアル・マドリード戦では先発でプレー。90分間出場し、物おじせずにゴール前でチャンスを作り出している。ボックス内で再三にわたってシュートを狙うなど、ドルトムント時代の片鱗も見せた。2部で得点王を争うコロンビア人FWルイス・スアレスには決定機をお膳立てしている。しかし、得点は入らず、0-4と大敗に終わった。

 これが香川の現状を象徴していると言えるかもしれない。決して悪くはないのだが、プレーが勝利に結びつかない。救いはチームが勝ち点を積み上げ、自動昇格圏にいる点だ。首位カディスと勝ち点1差の2位。残り13試合、香川はコンディションを維持し、昇格のキーマンとなれるか。

1/3ページ

最終更新:2/26(水) 6:00
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ