ここから本文です

53歳の誕生日を迎えた“キング・カズ”、FIFAやAFCが祝福 「唯一無二」「伝説」

2/27(木) 8:50配信

Football ZONE web

プロ35年目を迎えた53歳のカズに世界中が祝福

 カズこと横浜FCの元日本代表FW三浦知良が26日、53歳の誕生日を迎えた。今季は13年ぶりのJ1に挑戦する日本のレジェンドに対してFIFA(国際サッカー連盟)やAFC(アジアサッカー連盟)からも祝福の声が届いている。

【写真】ヴェルディ時代から横浜FC時代まで網羅 “カズ”こと三浦知良のプロフィールショットの軌跡

 もちろんJリーグ最年長の選手となるカズは今季で現役35年目。1993年のJリーグ開幕からスター選手として君臨してきた。ブラジルでプレーした後、日本に移り、セリエAのジェノアへ移籍。V川崎の復帰を経て、クロアチアへ渡り、再び日本へ戻ってきた。京都サンガF.C.やヴィッセル神戸でのプレー後に横浜FCに加入。シドニーFCへの期限付き移籍から復帰し、06年から横浜FCで背番号11を付けている。

 昨季J2で2位となり、昇格を決めた同クラブは、カズや元日本代表MF中村俊輔とともに今季J1の舞台で戦う。23日の開幕戦となった神戸戦(1-1)ではベンチ外だったカズだが、26日に53歳の誕生日を迎えた。そんなレジェンドに対して世界中が祝福のコメントを寄せている。

 FIFAは公式ツイッターで「53歳でもまだプロとしてプレーしている。唯一無二の三浦知良お誕生日おめでとう」と横浜FCの写真付きで投稿。AFCも公式インスタグラムで「『私の秘密? 私は持っていると思わない。夢を見続けることが大事だ』 伝説の三浦知良、誕生日おめでとう。53歳でそしてプロ35年目のシーズンへ!」と綴り、いまだ現役を続けるカズへ尊敬の言葉を並べた。

 Jリーグは3月中旬までの公式戦の延期を決めたが、今季、53歳となったカズが見せるプレーには世界中が心待ちにしているようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/27(木) 8:50
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ