ここから本文です

埼玉県の民家にマスク30万枚が野ざらし「どこかで配布します…」

2/28(金) 6:35配信

SmartFLASH

「ここ最近、一軒家の玄関先に、『不織布マスク』と書かれた段ボール箱が山積みにされているんです」(近隣住民)

 ここは、埼玉県西部のとある住宅街。マスク不足が騒がれる今、なぜ大量のマスクがあるのか。家主に話を聞くと、困惑しながらも、説明してくれた。

「1カ月ほど前に、ネットオークションで購入しました。約30万枚です。中国出身なので、故郷の家族や村民に送ろうと思って買えるだけ買った。ところが、村は外出禁止になり、マスク生産も追いついたから『もういらない』と言われた。今は、これをどうしたらいいのか悩んでいます」

 雨除け用のシートは、“マスクの山” を半分しか覆えず、野ざらし状態。近所では、「カビや虫の発生源になるのでは」と不安視する声も聞かれた。

「すぐに倉庫に移します。これからもっと、日本でマスクが必要になると思うので、どこかで配布しようと思います。転売するつもりは、ないです」(前出の家主)

 一刻も早い、有効利用を!


(週刊FLASH 2020年3月10日号)

最終更新:3/1(日) 6:23
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事