ここから本文です

孫楊、8年間の資格停止処分を各国メディアも続々報道「鉄槌下る」「キャリア終了」

2/28(金) 21:09配信

THE ANSWER

東京五輪出場は不可能に、各国も続々反応

 競泳男子の五輪金メダリストの孫楊(中国)は28日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)からドーピング違反で8年間の資格停止処分を科された。CASが公式サイトで発表したが、各国メディアは「疑惑の中国人スイマーのキャリア終了」「孫に鉄槌下る」と速報している。

【動画】「お前は負け犬だ」とライバル選手を挑発! ドーピング違反だけじゃない問題行動…孫楊が写真撮影を拒否した銅メダリストを威圧する実際のシーン

 孫楊は2014年11月、中国で行われた大会後のドーピング検査で陽性反応を示していた。その後、18年9月に行われたドーピング検査で血液サンプルを破壊した疑いで、世界反ドーピング機関(WADA)がCASに提訴していた。

 処分決定を受け、各国メディアもツイッター上で速報した。英公共放送「BBC」は「3度の五輪王者孫楊は2018年9月のドーピングテストを逃れたことで8年間の資格停止処分に。この中国人スイマーは議論まみれだった」と速報した。

 オーストラリアメディア「ニュース.com」も「速報 孫楊に鉄槌下る。中国人がドーピングで有罪に」と報じ、豪地元紙「テレグラフ・スポーツ」は「論争巻き起こす中国人スイマー、孫楊のキャリア終了。ついに驚くべき判決を見ることに」とレポートしている。

 一方、欧州衛星放送局「ユーロスポーツ」スペイン版も「最大の刑罰下る」と判事の絵文字とともに速報していた。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/29(土) 11:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事