ここから本文です

“キケンなイケメン”塩野瑛久、初表紙「Audition blue」が発売日前に完売&ランキング1位!

2/29(土) 22:57配信

ザテレビジョン

男劇団 青山表参道X・塩野瑛久が初表紙を飾った「Audition blue」(白夜書房)4月号のセブンネット限定版が、2月29日の発売日を前に完売。塩野が喜びを語った。

【写真を見る】今までに見たことのない、塩野瑛久の魅力がふんだんに詰め込まれたグラビアページ

2019年秋に公開された映画「HiGH&LOW THE WORST」でブレークした塩野。10月クールではドラマと映画、それぞれ2本同時放映された他、放送中のドラマ「来世ではちゃんとします」(毎週水曜夜1:35-2:05、テレビ東京ほか)では、主人公・内田理央の“SM好きのセフレ”として話題に。

テレビ東京史上初のparavi月間獲得数1位を初めて記録するなど、ファンからも役の振り幅がすごい“カメレオン俳優”や、“キケンなイケメン”として話題になっている。

「Audition blue」で塩野は、日常のワンシーンを切り取ったグラビアに登場。洗練されたイメージを残しつつ、気だるげな表情や無防備なまなざしなど、今までに見たことのない塩野の魅力がふんだんに詰め込まれたページに。

インタビューでは、3月13日(金)公開の映画「貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-」の話題を中心に、妥協しないからこそ譲れない気持ちを包み隠すことなく語っている。

そんな「Audition blue」4月号がセブンネット「タレント・写真集 ランキング」「エンタメ・写真集 ランキング」で1位を獲得。

塩野は「日ごろ、塩野を気に掛けてくれている皆さま、こんにちは。この度、そんな皆さまのおかげで初表紙を飾った『Audition blue』が各部門で1位、そして完売という、うれしい報告が飛び込んでまいりました。皆さまと本誌に掲載されている俳優陣に、感謝感謝でございます」と感謝。

そして、「これを機に“今しか演れない”“今だからできる”、まだ出会わぬ役に巡り会えれば本望です」と今後への期待を明かした。(ザテレビジョン)

最終更新:2/29(土) 22:57
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事