ここから本文です

ヘルシーだと思いきや…実は太りやすい「意外な食べもの」

3/1(日) 23:00配信

コスモポリタン

健康的な食生活を心がけているのに、思い描いているように体重が落ちない…。そんな人は一度じっくり、毎日食べている食品をと見直してみる必要がありそう。なぜなら、一見するとヘルシーな食品の中にも、加工の過程で不要なカロリーや油、塩分が付加されていたり、糖分や脂肪分が高い可能性もあるから。

【写真】これが太る原因!? 今すぐ見直すべき「夜の習慣」20

原材料をチェックして賢い選択をすることは、健康的な食生活の基本! ということで、グッド・ハウスキーピング研究所の栄養部長を務める栄養士のジャックリーン・ロンドンさんが伝授する「体重増加につながる意外な食品」を、<グッド・ハウスキーピング>からお届け。 食べる楽しみを失わずに、ヘルシーな食生活を謳歌しましょう!

グラノーラバー

グラノーラバーを朝食代わりにしている人は多いけど、問題は1本で満足できるかどうか。タンパク質に加え、繊維質、脂肪も少なめなため、お腹がいっぱいにならず間食のもとになってしまうことも多いよう…。

グラノーラバーを選ぶ場合、1本あたりタンパク質と繊維質は4グラム以上、砂糖は6グラム以下のものを探しましょう。アーモンドやナツメヤシ、リンゴなどの自然食品を多く含むものを選び、タンパク質分離物が含まれているものは避けること。

またナッツ、ナッツバター、ゆで卵、低脂肪乳ラテ(砂糖不使用)などをプラスすれば、栄養面を補強することもできます。

市販のカクテル類

マルガリータやブラッディマリーなどのカクテルは、リラックスしたいときに最適の飲み物。でも、実は砂糖がたっぷり入っている要注意ドリンクであることも自覚するべき。

種類にもよるけれど、350ミリリットル程度のカクテルに砂糖が約60グラムも入っていることも! 蒸留酒系をロックで飲んだり、ワインを飲む方がカロリーは抑えられそう。

プロテインシェイク

歯の痛みで噛むのがつらいとき、または食欲がなくて栄養を食事から摂取しづらいときなど、プロテインシェイクは健康を支えてくれる飲み物として有効。

でも「健康飲料だから」と通常の食事にプラスして飲み続けていると、カロリー過多になってしまうかも。

プロテインパウダーによっては、1回で600キロカロリーも摂取してしまうものあるので要注意。糖分控えめのパウダーを選ぶか、トレーニング後のタンパク質補給としては、チーズをかじるほうが良いことも。

1/2ページ

最終更新:3/2(月) 10:15
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事