ここから本文です

英国女王の孫娘ベアトリス王女、結婚後に手に入れる新たな称号が明らかに

3/3(火) 7:13配信

ハーパーズ バザー・オンライン

2019年9月、英国王室のベアトリス王女とフィアンセのエドアルド・マペッリ・モッツィが婚約を発表し、今春に新たなロイヤルウエディングが執り行われる。そんな幸せいっぱいのベアトリス王女の婚約者エドアルド・マペッリ・モッツィは、不動産王で富豪であることに加えて、イタリアの伯爵でもある。つまり、ベアトリス王女はエドアルドと結婚後、イギリスのロイヤルメンバーであると同時に、イタリアの「伯爵夫人」にもなるということ。

【写真】ベアトリス王女の奇抜なハットスタイルTOP13

エドアルドの父親であるアレッサンドロ・マペッリ・モッツィ伯爵は、『デイリー・メール』紙に対して先ごろ、こう語っている。「エドアルドは当家の爵位を受け継ぐ唯一の男子です。彼は伯爵ですから、妻は当然、伯爵夫人になります。子供ができれば、その子は伯爵、または貴婦人です」。彼はまた、「これほど幸せそうな息子をこれまで見たことがない」「2人はとてもお似合いだ」などと話しているとのこと。

また、同紙によればエドアルドとベアトリス王女はいずれ、現在はエドアルドの一家が避暑用の別荘として使っている「イタリアで最もゴージャスなヴィラのひとつ」を相続することになるそう。

2人の結婚式については、まだそれほど多くのことは明らかにされていない。ただし王室の発表によれば、今年5月29日(現地時間)にセント・ジェームズ宮殿のチャペル・ロイヤルで結婚式を行い、バッキンガム宮殿の庭園で披露宴を開く予定とのこと。そして、カナダに滞在中となる見通しのヘンリー王子とメーガン妃も、この日を祝うために帰国するとみられている。

厳かな式の様子に加え、ロイヤルファミリーやゲストたちの華やかな装いを見られるのが、今から待ち遠しい!

最終更新:3/3(火) 7:13
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事