ここから本文です

長崎市 [長崎県] 歴史ある港町、再生への道は

3/6(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

<2020年3月14日号> 長崎市は私のお気に入りの街の1つだ。この街を訪れると決まって足を向ける場所がある。それは常磐町の長崎水辺の森公園だ。この公園は2004年の開園。隣接する長崎県美術館を含め、長崎港の再開発事業として整備された。とくに観光スポットというわけではなく、地元の人たちが昼下がりにくつろぎに来たり、夕方、犬の散歩やジョギングを楽しんだりしている姿を見ることができる。 本文:1,290文字 写真:1枚 対岸の稲佐山から長崎水辺の森公園を見下ろす(PIXTA)

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

牧野 知弘 :不動産事業プロデューサー

最終更新:3/6(金) 18:01
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る