ここから本文です

加部究のフットボール見聞録「変わらぬ“大卒”への期待」

3/6(金) 22:39配信 有料

SOCCER DIGEST Web

法政大の一員としてG大阪を下した一戦でも活躍

ACLのパース・グローリー戦でFC東京の紺野が途中出場。ゲームの流れを変えた法政大出身のアタッカーは、期待の大卒だ。(C)SOCCER DIGEST

 攻めあぐむFC東京を活性化させたのは、トップチームで公式戦初出場の紺野和也だった。ホームでのACL、パース・グローリー戦。長谷川健太監督は、59分、磐田から新加入のアダイウトンを下げ、法政大学出身のルーキーを送り込む。

「チャナティップがタイのチーム(ムアントン・ユナイテッド)で豪州のクラブと対戦していて、全然止められなかったのがヒントになった。紺野は狭いスペースも苦にせずプレーできる。期待どおりに流れを変えてくれて、押し込む展開に持ち込めたことで決勝点が生まれた」

 チャナティップより3センチほど背が高い161センチの紺野は、すでに東京サポーターの心を掴んでいたようで、ボールを持つ度にスタンドがどよめく。「Jリーグよりアジリティが落ちる」相手を翻弄し、ペナルティエリア内で果敢にボールを奪い取るなど見せ場を作った。

 今季のFC東京は、相当な苦戦を強いられると危惧して 本文:1,755文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:3/6(金) 22:39
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る