ここから本文です

生田斗真×広瀬すず「先生!、、、好きになってもいいですか?」地上波初放送!共演に中村倫也、伊藤健太郎ら

3/8(日) 19:00配信

ザテレビジョン

生田斗真と広瀬すずが初共演した映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」が、3月9日(月)深夜2時05分からTBSで地上波初放送される。

【写真を見る】寝癖がついたようなボサボサ頭に眼鏡姿がかわいい生田斗真

同作は、河原和音の先生と生徒の切ない純愛を描いた少女コミックを映画化した作品。

人を好きになることに真摯(しんし)に向き合った原作は、純文学の香りさえ感じさせる名作として今なお幅広い読者層に支持される珠玉のラブストーリー。

一見生真面目で取っ付きにくいが、根は優しく生徒思いの教師・伊藤貢作を生田が演じ、そんな伊藤に生まれて初めての恋をする少し内気な高校生・島田響を広瀬が演じる。

共演には、竜星涼、森川葵、伊藤健太郎ら人気若手キャスト陣が集結。さらに、中村倫也、比嘉愛未、八木亜希子、森本レオらキャストが名を連ねる。

監督は青春ラブストーリーの名手、三木孝浩。繊細な心理描写と柔らかい光が生み出す美しい映像は恋する2人を優しく包み込む。

脚本は、アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などで高評価を受け、最近ではさまざまな実写作品も手掛ける岡田麿里が担当する。

■ あらすじ

高校2年生の島田響(広瀬すず)は、ちょっぴり不器用でまだ本当の恋も知らないオクテな17歳。

クラスメートで同じ弓道部にも所属する千草恵(森川葵)や川合浩介(竜星涼)は、人気教師の関矢正人(中村倫也)と美人教師の中島幸子(比嘉愛未)にそれぞれ恋心を抱き、毎日楽しそうに恋バナを繰り広げているが、響にはピンとこない。

だがそんな響もひそかに気になっている人がいた。世界史を担当する伊藤貢作(生田斗真)だ。

いつも寝癖がついたようなボサボサ頭に、眼鏡姿。おまけにぶっきらぼうで、めったに冗談も言わないような伊藤は、何を考えているか分からない大人の先生。

だが授業を忘れてベンチでうたた寝したり、居残り授業に担任でもないのに最後まで付き合ったり…。そしてたまに見せるびっくりするくらい優しい笑顔。

ある日、ひょんなキッカケで中島先生が伊藤先生に告白しているところを目撃してしまった響と浩介。

あっさり中島をフッた伊藤に「伊藤を殴ってくる!」と激怒する浩介。そんな浩介に思わず響が放った言葉「伊藤先生殴ったら、あんたを殴る!!」そこで初めて伊藤への恋心を自覚した響。一度芽生えた思いは止まらず、翌日早速伊藤の元へ行き、真っすぐに気持ちを伝えることに。

「好きになっても、いい?」「俺はやめとけ」「どうして?」「俺が教師で、お前が生徒だからだ。以上」。

生まれて初めての告白はあっさり玉砕!それでも諦めきれない響は、ただひたすら真っすぐに自分の思いを伝え続ける。だがある日、決定的な一言が。

「キツいんだよ。おまえにそうやって、ガンガン気持ちをぶつけられるのが。迷惑だ」。さすがにショックを隠し切れず落ち込む響。

なんとか伊藤を諦めようともがく響の背中を押してくれたのは、意外なことに他校の弓道部部長、藤岡勇輔(伊藤健太郎)だった。「ちゃんとフラれてないから、グダグダするんじゃない?」

そして文化祭当日。仮装コンテスト用の手作りのウエディングドレスを着て伊藤の元へ向かう響。「ちゃんと生徒に戻るね!」と無理しておどける響に、伊藤は突然キスをする。訳が分からず混乱する響だったが、翌日学校は大変なことになっていた。

何者かが伊藤と響の抱き合っている写真を撮影し、ネットに拡散させたのだ。学校を去ることを余儀なくされる伊藤。そんな伊藤の本心も分からぬまま、響の思いは再び切なく加速していく。(ザテレビジョン)

最終更新:3/8(日) 19:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事