ここから本文です

グラドル顔負け…手作りの「漁師トレカ」が爆誕!

3/9(月) 16:32配信

SmartFLASH

 裸エプロンならぬ、裸水産カッパ。異色の “トレカ” が、注目を集めている。仕掛人は、青森県水産振興課だ。

【写真あり】漁師カード全9種類

「正式名称は、『あおもりの肴 漁師カード』。『青森の水産物は、漁師の方々の肉体あってこそ』と思い、始めました」(青森県水産振興課・油野晃さん、48歳)

「2019年12月からカードを配りはじめましたが、手作りのため、大量生産ができないんです」(同・木村紀昭さん、31歳)

 では、カードになった漁師の心境は?

「まだ実感は湧きませんね。家族は『地元のPRになるなら、いいのでは』と言ってくれています」(小川原湖漁業協同組合所属の漁師・濱田正幸さん、49歳)

 いまやカード欲しさに、青森を訪れる人もいるとか。獲る人が、獲られる人に!


(週刊FLASH 2020年3月17日号)

最終更新:3/9(月) 16:32
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事