ここから本文です

マルセイユの“救世主”パイエは「神の恩寵を受けた男」か【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

3/15(日) 21:26配信 有料

SOCCER DIGEST Web

2017年にマルセイユが払った移籍金はクラブ史上最高額

26節で敗れはしたが、12節から14戦連続無敗と好調マルセイユを牽引するのがパイエだ。チームの目標であるCL出場権をもたらすことができるか。(C) Getty Images

 EURO2016で3ゴールをマークし、一躍その名を轟かせたパイエがリーグ・アンで健闘するマルセイユの攻撃を牽引している。「神の恩寵を受けた男」はフランス代表に返り咲き、ふたたびその救世主となれるだろうか。(文:フランソワ・ヴェルドネ/訳:結城麻里 2020年3月5日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック フランス』を転載)

―――◆―――◆―――

 マルセイユの今シーズンの目標は、もはやただひとつ。リーグ・アンでパリ・サンジェルマンに次ぐ2位の座を最後までキープし続け、チャンピオンズ・リーグ(CL)の本選出場権を手に入れる。それだけだ。

 栄えあるこのコンペティションにマルセイユが登場したのは2013―2014シーズンが最後で、もう6シーズンも遠ざかっている。これほど人気があり、常に高い目標を掲げてきたクラブにとって、6シーズンはあまりに長い。 本文:5,003文字 写真:2枚 EURO2016のルーマニア戦で決勝点を奪い、その名を世界に知らしめたパイエ。怪我で欠場した2018年ロシアW杯の無念を晴らすべく、大逆転での代表入りに望みをかける。(C) Getty Images

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:3/15(日) 21:26
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る