ここから本文です

国営昭和記念公園のお花見攻略法!31品種のサクラが開花

3/15(日) 18:10配信

ウォーカープラス

東京ドームの約39倍の園内では、3月下旬から5月下旬に、サクラや菜の花、チューリップなどの春の花が次々と開花する。青空の下でゆっくり過ごしたい人は、ソメイヨシノが中心の「桜の園」がおすすめだ。今回は、国営昭和記念公園でサクラを見るなら外せないスポットや周辺のグルメスポットを紹介!<※情報は春Walker首都圏版2020より>

【写真】サクラと春の花々の色鮮やかなコラボが美しい「ふれあい橋」

■ 「国営昭和記念公園」 / 見頃:3月下旬~4月中旬 本数:約1500本 品種:ソメイヨシノ、オオシマザクラなど

西立川駅公園口より徒歩2分でアクセスできる「国営昭和記念公園」。園全体でサクラが31品種・約1500本もあり、エリアと時期によってさまざまなお花見が楽しめる。園内のほぼ中心に広がる「みんなの原っぱ」の北側にある「桜の園」や「花木園」のサクラもきれいで、見どころたくさん!

ここでのお花見を攻略するなら「ふれあい橋」は欠かせない。淡いピンクのソメイヨシノと濃いピンクのカンヒザクラ、黄色いレンギョウの共演が眺められる、絶好の撮影スポットだ。西立川口から徒歩約5分なので、必ず訪れたい。

<住所:東京都立川市緑町3173 / 時間:9:30~17:00※時期により異なる / 休み:なし / 料金:入園料大人450円ほか>

■ 「楽観 立川店」

お花見のあとにお腹がすいたら、ラーメン店「楽観 立川店」に立ち寄りたい。カツオ節や煮干し、昆布などを炊いたスープをオリーブオイルで仕上げ、贅沢な味わいに。木桶仕込みの醤油で作る「琥珀」(780円)が人気だ。

<時間:11:00~翌1:00(LO)※スープがなくなり次第終了 / 休み:なし>

■ 「Adam's Awesome PIE(アダムス オーサム パイ)」

さらに、青果店がプロデュースする「Adam's Awesome PIE」も要チェック。手作りパイや特製サラダバーが自慢のカフェダイナーだ。リンゴの酸味を生かしたアップルパイ(480円)は絶品!

<時間:11:30~22:00(LO21:00) / 休み:なし>

公園を訪れた際には、広大な敷地をレンタサイクル(大人530円/1日)で巡るのもおすすめ。サクラのほか「渓流広場」では約22万球のチューリップも楽しめる。家族や友達と一緒に、春気分を満喫しよう。

※新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、集団での飲食を伴う宴会等での利用をお控えいただきますようお願いいたします。散策しながらお花見を楽しむ際は、咳エチケット等の徹底をお願いいたします。

※掲載されている情報は2020年1月29日時点のものです。施設や店舗の都合により変更の場合がありますのでご注意ください。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

最終更新:3/15(日) 18:10
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事