ここから本文です

明智光秀、美濃を追われ、越前で過ごした「謎の十年間」

3/16(月) 12:11配信

PHP Online 衆知(歴史街道)

明智光秀はなぜ、美濃から越前に向かったのか。 そこで何をしていたのか。そしてなぜ、足利義昭と 織田信長の側近くに仕えることになったのか。生国を追われた 明智光秀が、世に出るまでの空白の期間に、いったい何があったのか。大河ドラマ『麒麟がくる』の時代考証担当者が読み解く。


小和田哲男 静岡大学名誉教授
昭和19年(1944)、静岡市生まれ。昭和47年(1972)、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史、特に戦国時代史。大河ドラマ『麒麟がくる』の時代考証を担当。著書に『明智光秀と本能寺の変』『明智光秀・秀満』など、近著に『戦国名将の本質 明智光秀謀反の真相に見るリーダーの条件』がある。

越前に赴いたのには理由がある

明智光秀が生国の美濃を離れ、越前に赴いたのは、弘治2年(1556)の「長良川の戦い」が原因だと考えていい。

長良川の戦いは、斎藤道三と息子の義龍が争い、道三が敗死した戦だ。注目すべきはその後のことで、光秀の居城・明智城が、義龍の軍勢に攻められて落城しているのである。

つまり光秀は、勝者の義龍に敵視され、美濃にはいられなくなったので、越前に逃げ込んだ……。そう考えてよいだろう。

江戸時代に書かれた『明智軍記』には、奥州の伊達氏や中国の毛利氏などを武者修行してまわり、越前に落ち着いたとあるが、それは信用できない。美濃から越前に直接向かったはずだ。

そう考える理由は、美濃と越前が「近い」からである。

まず、距離が近い。現在、岐阜県から福井県に行くには、鉄道も道路も迂回しているので遠いように感じる。しかし、当時の標準的なルートは違う。油坂峠や温見峠を越えれば、美濃から越前に直接入ることができ、文字通りの「隣国」なのだ。

それに加え、越前の戦国大名・朝倉氏と美濃の守護だった土岐氏は姻戚関係である。

また、土岐氏の居城だった大桑城の城下町には「越前堀」という名前の堀があり、越前の技術が美濃に入っていた形跡もうかがえる。軍事技術の交流があったとすれば、「敵対していない隣国」だったことになる。

こうしたことを踏まえると、光秀が直接、美濃から越前に入った可能性は高い。

当時の越前は、朝倉氏初代の孝景から数えて五代目の義景が、一国をほぼ支配していた。

義景は、「信長に敗れた武将」というイメージで見られがちだが、一族を重要拠点に置き、家臣団はしっかりまとまっていた。一向一揆との戦いはあったにせよ、他国から攻められることも少なく、越前は当時、比較的安穏な地域だったといえる。

さらに言えば、朝倉氏は単に安定した戦国大名というだけではない。

越前・一乗谷の朝倉文化は、周防・山口の大内文化、駿府の今川文化とならび、「戦国三大文化」と称される。つまり文化面でも、繁栄を謳歌する大名であった。

光秀はこうした背景を踏まえて、越前に行こうと考えたのだろう。

1/4ページ

最終更新:3/16(月) 12:48
PHP Online 衆知(歴史街道)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ