ここから本文です

上海市が新型コロナ治療に実践する「ビタミンC」点滴の実力

3/16(月) 7:01配信

現代ビジネス

上海市はビタミンCを認めた

上海市は、COVID-19患者の治療にビタミンCの点滴(IVC療法)を認めた※4
。ビタミンCの量は症状の重さによって変わるが、目安は、体重1kg1日あたり50~200mgである。成人体重を70kgとすれば、この容量は1日約3,500~14,000mgになる。点滴は非常に有効である。なぜなら、ビタミンCの効果は点滴するほうが経口摂取するよりも少なくとも10倍は高いからである。 西安交通大学第2病院(Xian Jiaotong University Second Hospital)から発表された声明によると、2020年2月20日午後、同済病院(Tongji Hospital )に入院していた深刻な肺炎症状の患者4人が回復した。同病院では、これまでで8人の患者が回復し、退院している。

 このように、IVC療法は臨床で好結果を残した。肺炎患者や深刻な症状の患者には、入院直後からIVC療法をできるだけ速やかに開始すべきであると確信する。大量のビタミンCを患者の体内に注入することで、強力な抗酸化効果がえられるだけでなく、炎症反応を抑える。これまでの多くの研究から、治療効果はビタミンCの用量に左右されることがわかっている。高用量のビタミンCは、ウイルス感染を防ぐだけでなく、急性肺炎や急性呼吸器障害を治療することができる。

 参考文献
※1『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く』(講談社)、本書に多くの参考論文を掲載してある
※2 Hickey S, Saul AW (2015) Vitamin C: The real story. Basic Health Pub.  
※3 Vitamin C Saves Wuhan Family from COVID-19, by Richard Cheng, M.D., Ph.D.
Orthomolecular Medicine News Service, Mar 5, 2020
※4 Shanghai Government Officially Recommends Vitamin C for COVID-19 ,
by Andrew W. Saul, Editor-in-Chief Orthomolecular News Service, March 3,2020

生田 哲(薬学博士)

3/3ページ

最終更新:3/16(月) 8:35
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ