ここから本文です

「グーグルが新型コロナウイルス専用サイトを開設」というトランプの“失言”が示す、米政府の混乱

3/17(火) 12:17配信

WIRED.jp

米国のトランプ大統領は3月13日(米国時間)、米国民が新型コロナウイルスの検査施設を見つけることができるウェブサイトをグーグルが開発していると発表した。ところが、プロジェクトの詳細は不明のままで、ランディングページもなければ、グーグルからのプレスリリースもなく、グーグル幹部は誰ひとりとして声明を出さなかった。そしてトランプ政権は、詳しい情報は週末に発表すると約束した。

「サヴァイヴァル用品」が飛ぶように売れている

ところが実際のところ、このウェブサイトの利用目的は限定されたものであるうえ、開発者はグーグルではなかった。グーグルの親会社であるアルファベット傘下のバイオサイエンス企業、ヴェリリー・ライフ・サイエンシズ(Verily Life Sciences、旧グーグル・ライフ・サイエンシズ)であると報道機関が伝えたのである。

先行して『WIRED』US版が伝えていたように、グーグルはトランプによって言及されることをまったく認識していなかった。これに対してグーグルは3月16日(米国時間)になって、新型コロナウイルスのウェブサイトを立ち上げると発表した。しかし、このウェブサイトはトランプが語ったようなものではない。

グーグルCEOがトランプに謝罪?

ホワイトハウスの15日の記者会見では新たな情報は発表されず、それまでに出された情報を再確認することもなかった。代わりにトランプは、13日の発言は誤っていると指摘した報道機関を強く非難した。グーグルの公式ツイートが13日の発言を「実証」しているというのだ。

しかも、グーグルの最高経営責任者(CEO)であるスンダー・ピチャイからトランプに直接連絡があり、“フェイクニュース”について謝罪があったという。ピチャイに関するトランプの発言について、グーグルはコメントしていない。15日の記者会見を前にコメントを求めたが、ホワイトハウスの報道官は『WIRED』US版の報告に異議を唱えずコメントを控えている。

そしてトランプ自身も、グーグルが開発しているというこのサイトについて詳細を語ることはなかった。マイク・ペンス副大統領は、「検査の第1段階となるオンライン問診票への入力をできるウェブサイトが、週明け早々に立ち上がる予定です」と、手短に語った。そしてホワイトハウスが、ほかのテック企業とも協力していると付け加えた。さらに検査施設の場所を追加する可能性についても言及したが、そのスケジュールに関する発言は一切なかった。

ピチャイは15日になってブログに記事を投稿したが、問診票や検査については触れていない。ブログのなかでピチャイは、「わたしたちは米国政府と協力して、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報、予防法、米国全土の地域リソースの提供を目的としたウェブサイトを開発しています」と述べた。「3月16日の月曜日遅くにウェブサイトの初期ヴァージョンを公開します。継続的にリソースを増やしながらウェブサイトを強化および更新していきます」

「われわれのチームは13日から、文字通り24時間体制で作業しています」と、ペンスは語っている。13日といえば、トランプが記者会見でグーグルに関する予期せぬ発言によって、同社を驚かせた日だ。

1/3ページ

最終更新:3/17(火) 12:17
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ