ここから本文です

新型コロナの影響で起きた内定取り消し、不当解雇、賃金未払いに対抗するために。無料で加入・内部告発もできるオンライン労働組合「みんなのユニオン」

3/19(木) 12:40配信

FINDERS

オンライン型の労働組合で組合費は永久に無料

コロナショックによるトラブルが相次いでいる。株価が大幅に下がり、倒産の危機にさらされている企業も増えてきている。

そして内定取り消し、不当解雇、賃金未払いといったトラブルも目立ちつつある。この問題に対して、アトム法律事務所弁護士法人グループはオンライン労働組合「みんなのユニオン」への提携・協力を開始。苦しむ労働者の支援活動に取り組むという。

一般的な労働組合とは異なり、みんなのユニオンは入会金や組合費も無料。正規・非正規、現在学生や無職の人も含めすべての労働者が加入できる上、脱退も自由。かつ他の労働組合との併用も可能となっている。負担がかからないため、セカンドユニオン的な使い方も推奨している。

弁護士法人グループが関わることで、企業に対して職場の改善を求める通知を弁護士が送ったり、行政当局に違法行為を告発するサービス(弁護士に依頼すると通常は5万円程度かかるという)も提供。これらのサービスも含め、無料で利用できるとしている。もちろん通報者の名前は匿名で、みんなのユニオン名義での活動となる。

またアトム法律事務所弁護士法人代表弁護士である岡野武志氏は現役のYouTuberであり、YouTube上での無料セミナーも公開するそうだ。

将来的には有料のサービスを始める可能性はあるという。しかし通常の利用であれば無料のまま参加し続けられる様子。なお運営費は執行委員会からの寄付金(弁護士や提携企業からの協力)を充てるとのことだ。

アンケートフォームで必要事項を入力することで加入可能。スマートフォンからの入力にも対応している。

いわゆる春季労使交渉(春闘)のような、個々の企業に対しての賃上げ闘争には対応しきれないものかもしれない。しかし業務に携わる上で感じた悩み、違和感、パワハラ・セクハラなどを相談する場としては機能するものとみた。

武者良太

最終更新:3/19(木) 13:24
FINDERS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事