ここから本文です

人為的な地震は150年間で728件発生、ハザードマップにも【地震のはなし】

3/20(金) 18:11配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

主な原因は資源採掘とダム、四川大地震とネパール大地震もそうだった

 予測のできない天災だと考えられている地震。だが、最近ではそうとばかりも限らないようだ。

【動画】四川大地震、ネパール大地震など人為的な地震

 2017年に学術誌「Seismological Research Letters」に発表された研究によると、過去約150年の間に、人間の活動が原因の地震が728カ所で起こったという。人間が地殻の活動に影響を及ぼす例があることは以前から知られていたものの、マグニチュード7.9という大地震も引き起こしたという発表は、他の研究者らを驚かせた。

 自然に起こる地震と同じく、人為的な地震も命に関わる危険をはらんでいる。そうした地震が人間や環境に及ぼす影響については、ようやく解明が始まったばかりだ。

ダムから核爆発まで原因はさまざま

 人間が引き起こす地震の影響は、自然のそれと似ているが、過去に地震活動がほとんど、あるいはまったくない地域で起こる場合が多い。自然地震の大半は、地殻を構成するプレートが集まる場所に多い断層沿いで発生する。しかし、人間の活動が原因の地震は、プレートの境界から遠く離れた場所でも起こる。

 地震を引き起こす人間の活動はさまざまだ。

 論文によると、世界中で最も多い人為的地震の原因は資源の採掘だ(271カ所の採掘現場周辺に多くの地震が集中している)。地中から資源を取り出すことによって安定性が失われ、あるとき突然に崩壊して地震が引き起こされる。

 ダムの建設も167カ所で地震を引き起こしていた。しかもその規模は、数ある原因の中でも群を抜いて大きい。

 2008年、中国四川省でマグニチュード7.9の地震によっておよそ8万人の死者・行方不明者が出た。研究者らは、この四川大地震は紫坪埔ダムに貯えられた3億2000万トンの水の重量が引き金になったと考えている。紫坪埔ダムの下には断層線が通っているのだ。

 米国の場合、人為的な地震は主に、近年多くの州で導入されている「水圧破砕法(フラッキング)」という石油・天然ガスの採掘が原因と言われている。米地質調査所(USGS)によると、水圧破砕法が引き起こす地震には、直接的なものと、作業の過程で排出される廃水によるものがある。この廃水は再び地中に高圧で戻されるので、さらに奥深くにある岩盤の断層を滑りやすくしてしまう。

 研究では、水圧破砕自体による地震が29カ所、水圧破砕後の廃水の注入によるものが36カ所、また何らかの石油・ガス掘削に関わる廃水による小規模な揺れが12カ所で生じていたことがわかった。水圧破砕法による掘削が盛んに行われてきたオクラホマ州の場合、以前は比較的地震が少なかった地域において、年間数百回にのぼる小規模の地震が起こっている。

 この他にも、核爆発による地震が22カ所、工事現場での地震も2カ所で確認された。

「人間が行う事業はすべて、地殻の活動に影響を及ぼします」。データを収集した英ダラム大学の地球物理学者マイルズ・ウィルソン氏はそう語る。「たとえば、地中に大量の物質を加えたり取り去ったりすれば、地球がその変化に反応するのは当然のことで、その反応が地震になることもあるわけです」

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ