ここから本文です

車内空間の広さが決め手! 軽自動車でキャンプを始めたい人にオススメのクルマとは

3/20(金) 11:40配信

Auto Messe Web

「純正アクセサリー」は見逃せないキーワード

 軽自動車をベースにしたキャンピングカー「軽キャンパー」が、仕事をリタイヤしたシニア層に人気だ。自由気ままに、どこへでも気軽に出掛けられるサイズ、フットワークの軽さ、そして軽自動車とは思えない室内空間の広さが決め手である。が、本格的な軽キャンパーまでは必要ないが、軽自動車の中でキャンプなどに適したクルマを探している人は多いと思う。

軽自動車でキャンプを始めたい人にオススメのクルマ【画像26枚】

 そこでまず思いつくのが、スズキの「エブリィワゴン」やダイハツの「アトレーワゴン」といった、セミキャブオーバータイプの大空間を持つ軽ワゴン。軽キャンパーのベース車として使われることも多く、本来、働くクルマであり、天井が高く、フラットなフロアを持つラゲッジスペースなど、キャンプ用品の積み込みや、車中泊にもうってつけだ。

 室内空間は、後席格納時で、エブリイワゴンの場合、最大奥行1850mm、幅1280mm、天井高1060mm。アトレーワゴンも同1840mm、1220mm、1110mmと、大人が真っすぐ横になれるうえ、室内空間をリビングルーム化するのに十分なスペースが確保されている。ルーフラックなどを取り付けて空間を有効利用すれば、アウトドア、車中泊で使う身の回りの小物の置き場にも困らないはずだ。

 そして、純正アクセサリーにアウトドア、車中泊にぴったりのアイテムを揃えるクルマを選ぶこともポイント。エブリイワゴンを例に挙げると、2段ベッドセット、ベッドクッション、プライバシーカーテン、カータープ、バックドアを開けた時の虫の侵入を防ぐバックドアカーテンなど、カタログを見ているだけでワクワクでき、アウトドアに思いを馳せられるアイテムが勢ぞろいしている。

 実は、軽自動車のアウトドア、車中泊対応能力は「アクセサリーカタログを見れば分かる」というぐらい、アクセサリーの用意の有無が決め手となるのだ。言い方を変えれば、アウトドア、車中泊対応のアイテムがないクルマは不向きと言えるかもしれない。

1/2ページ

最終更新:3/20(金) 11:40
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事