ここから本文です

共和党内の「ネバー・トランパー」たち 「反トランプ」で民主党回帰、迷走するネオコンの狼狽

3/20(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

政治イベントで登壇したウィリアム・クリストル。左右の狭間に揺れている(Shutterstock/アフロ)

<2020年3月28日号> 「ネバー・トランパー」という新造語がある。あえて訳せば「トランプ絶対反対派」か。2016年大統領選挙の際に生まれた言葉だ。民主党側はトランプ絶対反対に決まっているから、彼らに使われる言葉ではない。共和党側で、トランプに絶対反対あるいは絶対イヤだという政治家や論客たちに対して使われた。 本文:1,379文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

会田 弘継 :青山学院大学教授

最終更新:3/20(金) 18:01
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る