ここから本文です

イタリアが新型コロナウイルスの“激震地”になった「2つの理由」と、見えてきた教訓

3/21(土) 12:12配信

WIRED.jp

新型コロナウイルスの影響で混乱が広がり、世界はカオス状態に陥っている。いつまで隔離状態を維持する必要があるのか。パンデミック(世界的大流行)はいつピークを迎えるのか。株価はどこまで暴落するのか──。答えの出ない多くの疑問が、人々の不安をかきたてる。

新型コロナウイルスの世界的流行によって、「握手の習慣」が消えつつある

しかし、ひとつはっきりしていることがある。それは高齢者ほど新型コロナウイルス感染症「COVID-19」による死亡率が高いことだ。若者は感染してもまったく症状を示さない可能性があり、高齢者にとって極めて危険な状況にある。若者は気付かないうちに高齢者に新型コロナウイルスを感染させてしまう可能性があるからだ。

特に被害が集中しているイタリアでは、世界で最も多くの死者が出ている。多数の患者に対応しきれない医療現場では、命を助けられる患者を選別する苦渋の決断が迫られる状態が続いているほどだ。

こうしたなかオックスフォード大学の研究チームが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大と死亡率に関する新しい論文を発表し、イタリアにおいて被害が拡大した理由を説明している。論文では、イタリアの世界2位の高齢化率(総人口に対する65歳以上人口の比率)と、若者が祖父母などの高齢者と頻繁に交流する傾向の2つが挙げられている。

高い高齢化率と実家暮らしが影響?

パンデミックの初期段階で、ますます多くの国が新型コロナウイルスへの対応を迫られ、ウイルスの感染が家族や地域内でどのように拡大するのかを学んでいる。こうしたなかで人口統計学的な研究は、ほかの国々が新型コロナウイルスの脅威に立ち向かう上で重要になってくる。

イタリアの高齢化率は23パーセントを超えている。一方、米国は16パーセントだ。この新しい論文の筆頭著者で、オックスフォード大学の人口統計学者で疫学者のジェニファー・ビーム・ダウドは、「高齢化はイタリアの人口構造の変化の要因のひとつです」と指摘する。「しかし、最も大きな要因は急速な出生率の低下です」と語る。つまり、高齢化よりも少子化による影響のほうが大きいということだ。

同時に、イタリアの若者は高齢者と多く交流する傾向がある。ダウドのイタリア人共著者は、若い人たちは両親や祖父母と一緒に田舎で暮らし、ミラノのような都市で働くために通勤している可能性があると指摘する。イタリアの世帯構成に関するデータも、この家族のスタイルを裏付けている。

論文の著者は、都市と実家の間のこの頻繁な行き来が、新型コロナウイルスの「見えない」感染を悪化させた可能性があると主張している。都市部で働いたり遊んだりする若者が、大勢の人と交流する場で新型コロナウイルスに感染し、それを家に持ち帰っている可能性がある。症状がなければ、最も脆弱な集団である高齢者に感染させていることにまったく気がつかないだろう。

「高齢者ほど死亡率が高いことはわかっていますが、その理由はまだ解明されていません」と、エモリー大学医学部の上級副学部長であるカルロス・デル・リオは指摘する(リオは今回の研究には関与していない)。例えば、高齢者のほうが呼吸器系が弱いことから、肺炎などの病気に罹患した結果として高齢者の死亡率が高くなっている可能性が考えられる。

1/3ページ

最終更新:3/21(土) 12:12
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事