ここから本文です

日本が誇るスポーツカー「NISMO GT-R Z-tune」と「レクサスRC F」のミニカーを限定販売

3/21(土) 10:50配信

Auto Messe Web

それぞれ100台と999台を限定販売

 さまざまなホビーメーカーの輸入代理店となっている「京商」と、自動車警ら隊車両を得意とする「ヒコセブン」からミニカーの新商品情報が届いた。早速、お届けしよう。

【画像】メーター類まで忠実に再現された「NISMO GT-R Z-tune」ほかRC-Fの特別仕様車(30枚)

【京商】

 ラジコンカーからモデルカーまで手掛ける「京商」。同社が輸入代理店となっているフランスの名ブランド“OttO Mobile(オットーモビル)”からレジン製1/18スケールの「NISMO GT-R Z-tune」が3月20日に世界限定300台で発売された。

 同車は、わずか20台のみの限定販売で当時は1690万円というプライスが付けられた希少モデル。専用開発のフロントバンパー、フロントブリスターフェンダー、ボンネットなどのエアロダイナミクスパーツの作り込みなども精密に再現。ドアなどの開閉機構がないため、ミニカーにありがちなチリが合わないといったこともない。

 内装も、データロガー&ラップタイム計測器付きマルチファンクションディスプレイなどを窓から覗く楽しみも詰まる。価格は1万5000円(税抜)となり、全国の模型店やオンラインで購入することが可能だ。

 なお、京商広報部によると約100個が日本への割当となるとのこと。

【ヒコセブン】

 ヒコセブンの「CARNEL(カーネル)」は、“こだわりのミニチュアカー”をコンセプトにこれまでモデル化されていない車を中心にミニチュアカーを完全限定生産モデルで展開。同社から1/64スケール、「Lexus RC F “F 10th Anniversary” 」「Lexus RC F “Carbon Exterior Package” 2018 White Nova Glass Flake」という2台の予約開始を行なっている。

 1台は、レクサスのFシリーズ10周年を記念した特別仕様車。実車は35台の限定生産という希少なモデル。ボディカラーのマットマーキュリーグレーマイカは専用色となり、ボディ下回りにカーボンパーツが使用されている。

 もう1台の、Lexus RC F “Carbon Exterior Package”については、ボンネット、ルーフ、リアスポイラーにカーボン素材を使用したモデル。通常のモデルよりも軽量化と低重心化が施されたスパルタンなモデルだ。

 両車は999台限定で塗装済み完成品モデル。可動部はなく、価格は2700円税抜きとなっている。2020年3月12日より直営店の「モデルギャラリーHIKO7」及び全国模型店にて予約を受け付けているため、欲しい方はお急ぎ頂きたい。

Auto Messe Web編集部

最終更新:3/25(水) 10:55
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事