ここから本文です

紅白のバイカラーのダリアは、お祝いの気持ちを表現するのにぴったり

3/22(日) 7:10配信

家庭画報.com

〈藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー〉

広島市にある花店「fleurs tremolo」(フルール トレモロ)のオーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。

定年退職と還暦のお祝いを紅白の花で豪華に

職場の皆さまから、還暦を迎えて定年退職する方に、お祝いと感謝の気持ちを伝えるブーケのご依頼を受けました。定年退職というお別れは少し寂しいものがありますが、還暦のお祝いのほうに焦点を当て、紅白のダリアで華やか&ゴージャスなブーケを作ることにしました。

紅白のバイカラーの花といえば、品種が多くあるのがダリアです。今回はラララという楽しげな名前のダリアを使うことにしました。もう1種、朝日てまりという鮮やかな赤花の品種で、赤のボリュームをアップ。白に赤のストライプが入るチューリップも加えました。このチューリップの品種名はハッピージェネレーション。これまでの日々が幸せだったと感じていただけたらと思います。

白にピンクがうっすら入るルピナスや、ふっくらしたボール状の苞が愛らしいシレネ、さらにミモザやビバーナムなどの花木も加え、華やかなブーケに仕上げました。節目となる日に春の喜びを感じていただけますように。そして、これからの人生が幸多かれと願う、職場の皆さまの気持ちが伝わりますように。

【使用花材】

ダリア ラララ、朝日てまり
チューリップ ハッピージェネレーション
ルピナス
シレネ グリーンベル
ビバーナム スノーボール
アカシア

贈り花のヒント

赤と白の花色合わせは、とてもおめでたい印象があります。ダリアには、紅白バイカラーの品種が豊富にあります。バイカラーのバリエーションは、赤と白だけでなく、ピンクがかった赤と白、オレンジ色がかった赤と白など豊富にあるので、イメージに合う紅白を選んでください。ただ、赤と白のみでは彩度の対比が強すぎてしまうこともあるので、葉ものや枝ものなどを少し加えると、バランスのよい対比に調節すると好感度の高いブーケやアレンジになります。

●藤野幸信/Yukinobu Fujino
広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs tremolo」(フルール トレモロ)オーナー。広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。

写真/藤野幸信 編集協力/高梨さゆみ

最終更新:3/22(日) 7:10
家庭画報.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事