ここから本文です

「最も偉大な一撃」中村俊輔の芸術弾をセルティック地元紙が再脚光! 名手ファン・デルサルを唸らせたFKとは?

3/23(月) 16:10配信

SOCCER DIGEST Web

文字通りの芸術弾だった

 今から14年前、日本人レフティーが残した鮮烈なインパクトは、いまだ現地の人々の脳裏に焼き付いているようだ。

【動画】マンUを沈めた中村の伝説級FK弾はこちら!

 英紙『Daily Record』は、「21世紀のセルティックの象徴的な21個の瞬間」と題した特集記事を掲載。そのなかのひとつに、元日本代表MFの中村俊輔(現・横浜FC)が、チャンピオンズ・リーグ(CL)でマンチェスター・ユナイテッドを相手に決めたFK弾を選出した。

 当時スコットランドの超名門セルティックに所属していた中村は、同じグループに入った強敵マンチェスター・Uとの2試合で2本のFKを決めてみせたのだが、ともに文字通りの芸術弾だった。

 まず魅せたのは2006年9月13日、敵地オールド・トラフォードに乗り込んでのグループステージ初戦だ。1-2とビハインドを負って迎えた43分、その時が訪れた。敵ゴール前約30メートルの位置でFKのチャンスを得た中村は、伝家の宝刀である左足を一閃。ボールは完璧な弧を描き、ネットを揺らしたのだ。

 この時、ゴールを守っていたオランダ代表の名手エドウィン・ファン・デルサルが一歩も動けなかったことからも、完璧なキックだったことが分かる。

 CL史上初となる日本人得点者となった司令塔は、舞台を本拠地セルティック・パークに移した第5節の再戦でもやってのける。

 クラブ史上初となるCLグループステージ突破がかかった一戦のスコアレスで迎えた81分だった。初戦と同じような位置でFKのチャンスが訪れる。蹴るのはもちろん中村だ。決めれば、試合の流れを大きく手繰り寄せられる場面だけに、超満員となったスタンドの視線は、その左足に注がれた。

 緊張感が漂う場面で冷静にゴールを見定めた中村は、鋭く曲がり落ちるキックをゴール右上へと突き刺し、再びファン・デルサルの牙城を崩したのだった。

 英公共放送『BBC』によれば、試合後にファン・デルサルが、「言い訳するわけではないけど、あんなキックを蹴られたら、GKにできることなんて何もない」と漏らしたほどの鮮烈なキックは、今もセルティックを愛する人々の語り草だ。『Daily Record』は、当時の雰囲気に触れつつ、こう綴っている。

「ナカがユナイテッドを沈めた。ゴードン・ストラカン(2005~09年に指揮)が率いたセルティックの最大の功績は、チャンピオンズ・リーグでアレックス・ファーガソンとクリスチアーノ・ロナウドを打ち負かし、ベスト16に進出したことだ。そしてそれを導いたのは、FKのスペシャリストであるシュンスケ・ナカムラの最も偉大な一撃だった」

 ちなみに同企画で、その他に選ばれたのは、ユベントス戦でのクリス・サットンのゴールや宿敵レンジャーズとの一戦でヘンリク・ラーションが決めたループシュートなど、いずれもクラブシーンに残るものばかりである。

 それらとともに選出された中村の芸術的なFKは、やはり「伝説」というほかない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:3/23(月) 16:10
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事