ここから本文です

真のプロが試されるとき。何とか開幕できるよう祈っています【大島康徳の負くっか魂!!】

3/24(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

開幕日が決まらないつらさ

開幕が延期になり、がらんとしたスタンドの中での練習試合が、しばらくは続くことになる。スタジアムにファンが戻ってくる日はいつか……

 プロ野球の開幕が延期になりました。センバツ高校野球も中止です。残念で、選手たちの気持ちを思うとやり切れませんが、やはりこれは致し方ないと思います。

 プロ野球も、ファンあってのものだということを考えれば、現場サイドも受け入れるしかない。もちろん選手の調整に影響はあるでしょうけど、気持ちとしては意外と割り切れるのではないでしょうか。

 現場としては、一番気になるところは調整をどうするのか、ということですが、当初の開幕後の予定に近い形で、練習試合を行う方向だとも聞きます。そうなると移動中の感染というリスクも出てきたりはしますが、そのあたりの問題も含めて、どこまで割り切って調整していくかになるでしょうね。

 選手の中にも「俺たちプロだろ。それぐらいやるだろ」という選手もいれば、感染に対してナーバスな選手もいるでしょうしね。

 調整の仕方にしても、「延びたんだったらしょうがないから、もう一回切り替えて、また始まるところでエイヤっと集中力を出せばいいや」と考える選手もいれば、段階を踏んで状態を上げていきたいタイプの選手もいて、それぞれにプラスとマイナスがあるでしょう。

 ただ、一つ言えるのは、オープン戦で調子の上がっていない選手や、日本の野球に早く慣れたい新外国人選手、故障している選手にとっては、この延びた期間は、プラスにすることができるということです。

 例えば、故障していたヤクルトの村上(村上宗隆)あたりにはプラスになるでしょう。ここまで実戦の打席にあまり立てていなかったのが、その機会が何週間か出てくるわけですから。これは大きいですよ。

 全体的には、野手はそんなに影響はないと思います。一回出来上がった体というのは、ちょっとブランクが出ても、そんなにガーンと状態が落ちることはない。

 ただ、問題はピッチャーですよね。皆、開幕に合わせて段階的に状態を上げてきているわけですから。

 延期後の開幕日が決まっていれば、いったん少し落として、またそこを目標に逆算して上げていくということができますが・・・ 本文:2,213文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:3/24(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る