ここから本文です

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

3/24(火) 16:34配信

エンタメOVO

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。

 お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松雪が佳子に扮(ふん)し、同僚の“若林ちゃん”を黒木、佳子が好意を寄せる“岡本くん”を清水が演じた。

 松雪は、オファーを受けたときの心境を問われると、「本当にうれしかった。じろうさんの言葉が本当に美しくて。なんて詩的でユーモアがあって、面白いんだろうと。読むだけで作品に没入できるような、すてきな本だったので“ぜひ”という感じでした」と答えた。

 以前から原作を知っていたという黒木は「天使と言われるような子の役なので、大丈夫かなって。でも松雪さんとは何度か舞台でご一緒しているので、佳子を明るくすることができたら、と思いながら演じました。すごくテンポが心地よくて、やっていて楽しかったです」と笑顔で振り返った。

 また、演じる上で意識したことを問われた黒木は「私の邪気が見えないように。ちょっと大げさな動きなどもあるのですが、それがわざとらしく見えないように気を付けました」と苦笑。

 これを聞いた松雪は「(邪気なんて)ないでしょ? 本当に天使だった。華ちゃんはいい意味ですごく強くて、美しい。華ちゃんの持っている一番ピュアでかわいいところが若林ちゃんにぴったり。癒やしでしかない」と絶賛した。

 一方、清水は「相手が松雪さんだと聞いたときに、一気に緊張が走りました。光栄なことなのですが、『松雪泰子さんと言いました?』とマネジャーさんに確認しちゃいました」と告白。

 松雪が「ふた回り以上離れていますからね」とつぶやくと、清水は「恋愛に年齢は関係ないですから!」と力強い言葉で返した。

 映画は4月10日から公開。

最終更新:3/24(火) 18:12
エンタメOVO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事