ここから本文です

油揚げを洋風に。中からとろっとチーズとベーコンが…

3/24(火) 20:50配信

ESSE-online

カリッと焼いたりじゅわっと煮たり…うま味たっぷりの油揚げは使い勝手のいい食材ですよね。さらに、風邪の予防にも効果的で今の時季にもピッタリ!

油揚げは熱湯をかけて冷凍。特売品の上手な保存法

油揚げに卵やひき肉、納豆などお好みの具材を入れるのが「巾着」。今回はそれを洋風に仕上げた「ホウレンソウとベーコンの油揚げカルツォーネ」を、共働き料理家のぐっち夫婦に教えてもらいました。

油揚げの中からチーズが。食べごたえ抜群おかず

みそ汁に入れたり野菜と一緒に煮びたしにしたり、和風のイメージが強い油揚げ。今回は、ピザ生地でトマトやチーズなどの具材を包む「カルツォーネ」風に。

カリッとした油揚げととろ~りチーズがたまらないおいしさです。おかずにもおつまみにもぴったりですよ。油揚げの香ばしさとチーズのコクが合わさって…最高の一品です! ぜひお試しあれ!

●「ホウレンソウとベーコンの油揚げカルツォーネ」

【材料(2人分)】
・油揚げ 2枚
・ホウレンソウ 3~4束
・ベーコン 3枚
・ピザ用チーズ 50g
・塩・コショウ 各少々

【つくり方】

(1) 油揚げに箸を転がす。中が開きやすくなります。

(2) 半分に切り、袋状にする。

(3) べーコンは5mm幅に切る。

(4) ホウレンソウは沸騰した湯に塩(分量外)を入れてゆでる。流水に取ってしっかり絞り、1cm幅に切る。

(5) (2)の油揚げの袋の中にホウレンソウ、ベーコン、チーズをつめる。

端を爪楊枝で縫うように止める。

(6) フライパンに油をひかずに油揚げを入れ、両面こんがりするまで、弱めの中火でじっくり焼く。

(7) 半分に切り、皿に盛る。塩・こしょうをふる。

[1人前 304kcal]

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2017年

【栄養士コメント】
ホウレンソウはビタミン類やミネラルが豊富で栄養価が非常に高い緑黄色野菜です! 風邪の予防にも効果的だと言われていますので、体調を気遣いたい今の時季にはおすすめの食材です。

●教えてくれた人
【ぐっち夫婦】
TATSUYA、SHINOからなる夫婦料理家ユニット。共働き夫婦で料理家、SHINOは栄養士の資格ももつ。インスタグラムやホームページ「ぐっち夫婦の今日なにたべよう?」で日々の料理が楽しくおいしくなるアイデアを発信している。著書に『夜食以上、夕食未満。野菜多めで罪悪感なし 遅く帰った日の晩ごはん』がある。

最終更新:3/24(火) 20:50
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事