ここから本文です

映画顔負け! セレブの【ドラマティックな出会いと結婚】までの軌跡

3/24(火) 21:01配信

25ansウエディング

恋愛や結婚はひとりひとり異なるし、どれが良い悪いという話ではありません。今日はドラマティックをキーワードにセレブの恋愛から結婚を調べてみました。そうしたら、ありました、ありました。映画なの!? と言わんばかりの甘~いストーリーが.。

幼い頃の約束を守り、世界一幸せな夫婦となったブータン国王夫妻

国民の幸福度が高いことでも知られる、アジア最後の秘境とも言われるブータン。その国を代表するワンチュク国王とジェツン妃の結婚までのストーリーがもう、さながらおとぎ話のような微笑ましいエピソードなのでご紹介しますね。国王と妃は10歳差の年の差夫婦なのですが、出会いは今からなんと22年ほども遡るのです。国王17歳、妃7歳のことでした。家族ぐるみでピクニックに出かけたそうで、その際国王は妃に「大人になってお互い結婚していなかったら、その時は僕の伴侶になってくださいね」と言いました。きっと幼い妃へのリップサービスだったのだと思います。歳の離れた憧れのお兄ちゃんという感じで。それから10年後に二人は再会することになるのですが、妃が「10年前の約束を覚えていますか?」と逆プロポーズとも取れる告白をしたことで、ふたりは正式にお付き合いを始めたそうです。キュン! きっと妃は幼い頃からずっと国王に憧れていたと思うんです。また、国王も心の奥の部分では、出会った頃から妃に惹かれていたのかもしれませんね。二人はお付き合いののち正式に夫婦となりました。ちなみにブータンは一夫多妻制で歴代の国王たちは複数人妻を迎えていますが、ワンチュク国王は生涯妻はジェツンただ一人と決めているそうです。それもまた素敵ですよね。そして、つい先日の3月19日、ジェツン妃が首都ティンプーにあるリンカナ宮殿で王子を出産。国王一家は、家族に新たな一員が加わりました。ますますお幸せに。

心優しいヒーローの登場で運命の恋に落ちたリース・ウィザースプーン

アメリカの恋人! という異名まで持つ、キュートで可愛らしい恋人役でラブコメに引っ張りだこのリース・ウィザースプーン。現在44歳の彼女ですが、今から9年前のドラマティックな出会いでビビビと来て再婚を果たしました。その運命のお相手となったのが写真の彼、ジム・トスです。スカーレット・ヨハンソンやロバート・ダウニー・Jr.を担当する敏腕エージェントです。そんな近しい立場のふたりが出会ったのは、友人主催のパーティでした。パーティを楽しんでいたら、悪酔いした男性に絡まれてしまったリース。そこにすかさずヒーローのごとく助け舟を出したのが、ジムだったというわけなのです。しかも、「彼は最近辛い別れを経験したばかりなんです。僕の友人が無礼を働いてすみません」と言ったというのです。リースは誰も非難せずにトラブルから身を守ってくれたジムの言い様に感動し、一気に恋へと変わったのだとか。後にもこの出来事が彼の人格を物語っていると話すほど、リースにとって心優しいスーパーマンだったのでしょう。結婚9年が経った今もラブラブ。夫婦格差も囁かれていますが、そんなの当人にとってはどこ吹く風、のようです。

1/2ページ

最終更新:3/24(火) 21:01
25ansウエディング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事