ここから本文です

いま知っておきたい「免疫力」のすべて

3/24(火) 22:02配信

コスモポリタン

風邪を引いてしまったとき以外に、日頃「免疫力」について気にすることは少ないのでは? でも実は、月経不順、便秘、疲れやすさなどの体調不良から、シミやしわのない肌を作ることまで「免疫力」がキーワードなのだとか。正しい知識を身に着けて、身体の中にある「免疫力」を活性化させることで、健康的な美しさを手に入れましょう!

【写真】ウイルスに負けない体に!免疫力を高める食材&レシピ

監修:今津嘉宏先生
芝大門いまづクリニック院長。内科、外科、消化器内科、漢方産婦人科など幅広く診療する。慶應義塾大学病院、恩賜財団東京都済生会中央病院、麻布ミューズクリニックなどでの勤務を経て、港区に芝大門いまづクリニックを開業。

―そもそも、「免疫力」とは?

免疫とは、“外敵から身体を守る力“です。人が生きていくために、生まれつき身につけている自然の力。つまり風邪ウイルスや、怪我をして傷口から侵入するバイ菌などから身体を守る力を意味します。

また、“体の中で起こる敵から自分を守る力“も意味します。例えば、がん細胞をやっつけたり、病気を治す力のことです。

まず、以下の項目でみなさんの免疫をチェックしてみてください。どれかひとつでも当てはまるようなら、あなたの免疫力は低下しているかもしれません。

【免疫チェック】
◆風邪を引きやすい
◆ストレスに弱い
◆体が冷えている
◆便通が下痢だ、あるいは、便秘だ
◆寝付きが悪い、あるいは、途中で目が覚める、あるいは、朝起きたときに疲れが残っている
◆朝食を抜くことが多い
◆月経前症候群がひどい
◆月経が順調に来ない

―その免疫力が低下すると、どんな症状が起きるのでしょう?

免疫力は、携帯電話の充電に似ています。充電が十分あれば、電池切れを心配することなく携帯電話を使えるように、風邪やガンを心配して毎日を生活する必要はありません。

しかし、徐々に電池が減ってくると携帯電話をいつまで使えるか心配になるように、風邪をひいたり、ガンなどの病気になることが心配になってきます。そして、携帯電話の電池が切れるように、免疫力が低下すると病気になり、寝込んでしまうことがあります。

その電池が切れて、免疫力が低下したときに起こる症状は様々です。例えば、お腹が減ってイライラする人、元気が無くなる人、やる気がなくなる人など。また、免疫は肉体的な負担や精神的な負担を和らげるように働くので、免疫力がないと疲れやすく、病気がちになったり、月経が不順になったり、精神を病んでしまうなどの症状が起こります。健康で元気な毎日を過ごすためにも、免疫力を上げておく必要があります。

1/3ページ

最終更新:3/24(火) 22:02
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事