ここから本文です

iPhone 9(SE2)がついに量産開始? 新型コロナの影響も6月頃に発売か

3/24(火) 7:41配信

リアルサウンド

 Appleが3月に発表し、4月に発売することを予定していたとみられる新型iPhone。新型コロナウイルス(COVID-19)のため遅延が生じていると報告されていた量産が、ついに再開されたようだ。

【写真】海外メディアが“最も正確に描写している”というiPhone 12 Proのデザイン

・4月に出荷準備が整うが、市場環境は最悪で様子見る
 『Forbes』によると、サプライチェーンに詳しいバンク・オブ・アメリカのエリオット・ラン氏は、新型コロナウイルスによる、供給の問題と需要の低下により、新機種の発売が数ヶ月遅れると予測している(参考:https://www.forbes.com/sites/jaymcgregor/2020/03/19/iphone-9-allegedly-enters-mass-production-despite-apples-coronavirus-delays/#664028095ab6)。

 その一方、『Front Page Tech』のJon Prosser氏は3月19日、「iPhone 9は、量産に入った。BYD(中国)やFoxconn(台湾)に生産を分散して、スピードを上げている」とツイートした。

 Jon Prosser氏は翌20日、YouTubeチャンネル『Front Page Tech』で、その詳細について「量産を開始したが、当初の軌道に戻ったということではない」と説明。本来なら3月にリリース予定だったが、同氏の情報源は皆「今月はない」と言っているという。

 また、iPhone 9の生産が問題なのではなく、今回の新型コロナウイルスの大流行で遅延が発生する前に、実際に生産の最終段階で、製品の認証テストを行っていたという。

 同氏によると、「iPhone 9のロジスティック面については、4月に生産の目処をつけて出荷の準備が整う」とのこと。しかし、課題は市場環境だ。世界経済が危機的な状況で多くの人がケータイを気にかけていないことは明らかで、iPhone 9を購入するはずの層は、Apple Storeの一時閉鎖や失業者の急増などに目が向いている。

 Apple本社のあるカリフォルニア州では、1日に8万人が失業したという。400ドルという抑えられた価格だとしても、iPhoneを買っているどころではないかもしれない。

・iPhone 12がつかえているため、iPhone 9リリースは今夏が限度
 Appleはリスクを冒したくなく、市場が不安定過ぎて、今リリースするのは、最悪のタイミングだという判断をしているという。Jon Prosser氏も「この時期にiPad ProとMacBook Airを発売しただけでも、かなり大雑把。世界一人気のあるスマホモデルをリリースするのは誤りだ」とコメントした。

 一方、中国での状況は上向いており、Appleは世界が落ち着きを取り戻したあとの6月に「準備が整えば」と楽観視しているという。市場環境が整うには、9月、10月頃までかかる可能性もあるが、低調のままでもリリースは致し方ないという意見がApple内から聞かれるという。

 それもそのはず。iPhone 9の売りは、400ドルで、現行のプロセッサーを搭載していること。待ち過ぎてiPhone 12が発売されると、見劣りして魅力を失ってしまうからだ。

 iPhone 12も2020年9月リリースのはずだったが、1~2カ月の遅れが見込まれている。iPhone 9の量産が開始したところで、まだリリース日は確定していないが、先がつかえているという事情は見逃せない。いずれにしても今夏にはiPhone 9がリリースされることだろう。

Nagata Tombo

最終更新:3/24(火) 8:56
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事