ここから本文です

唐田えりか、“消息不明”の孫に代わり祖父が胸中告白「言いたいことは100ほど」

3/24(火) 21:00配信

週刊女性PRIME

 謝罪会見を行った東出。宙を仰ぎ、唇をかみ、苦悶の表情を浮かべ、言葉を詰まらせながらもレポーターの質問に答えた。会見後に向かったのは、生まれ育った実家。一方で不倫相手の唐田はドラマを降板し、姿を消したまま……。祖父は孫娘についていつも自慢していたというが、最近はそんな姿も見られない。杏は3人の子どもを抱えて、今日も1人分少ない食事を作っている。不倫の代償は、まだ続く──。

【写真】居酒屋で一般人と“イチャ飲み”をする東出昌大

 不倫発覚後、公には無言を通してきた東出昌大(32)が、3月17日に謝罪会見を行った。

「東出さんがナレーターを務めた映画のトークイベントがあったんです。監督との対談が終わった後、民放各局の女性レポーターたちによる囲み取材が行われました。唇をかみしめ、宙を仰いだり、涙をこらえながら話していましたが、どこか演技がかっていて、自分に酔っているようにも見えました。質問には答えていましたが、たびたび言葉に詰まる場面もありました」(スポーツ紙記者)

 女性レポーターの1人から「杏さんと唐田えりかさんのどちらが好きか?」と問われると、しばらく沈黙して、

「“心の内を今しゃべることは妻を傷つけることになる”と、絞り出すように言っていましたが、この答えがむしろ杏さんを傷つけていますよね? ワイドショーのコメンテーターたちからも、批判する声が多いようです」(前出・スポーツ紙記者)

 まだ夫婦の間に弁護士を入れての話し合いまでには至っていないというが、杏(33)はすでに弁護士を準備しているとの一部報道もある。

 ネットには《東出の会見みたけどクズや》《東出は別れたいんだろうな》《結局、東出の言い訳会見になっただけ》などと書かれ、関係修復のために決意して臨んだ“禊”の謝罪会見も裏目に出てしまったのか──。

 もうひとりの当事者、唐田えりか(22)は『週刊文春』による今回の不倫報道の影響で、出演中だったドラマのシーンがカットされることになり、実質的に1話で降板に……。3年にわたる不倫によって、唐田は今後の芸能活動が白紙に。今も公の場に姿を見せず、どこで何をしているのか不明のまま。

 そこで週刊女性は、唐田の近況を聞こうと、千葉県内の実家を訪ねると、彼女の祖父がインターホン越しに話をしてくれた。

1/3ページ

最終更新:3/25(水) 10:21
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ