ここから本文です

「マジかよ! 信じられねえ!!」「審査員が悪い!!」CocomiとKōki, 工藤静香にそっくりな“超勝ち気セレブ姉妹”の真実《卒アル写真入手》

3/24(火) 12:00配信

文春オンライン

 木村拓哉(47)と工藤静香(49)の長女・Cocomi(18)が、3月28日に発売される女性ファッション誌「VOGUE JAPAN」2020年5月号の表紙でモデルデビューを飾る。静香は3月19日、自身のインスタグラムを更新。花束の写真を添えて娘への思いをつづった。

【画像】インターナショナルスクール時代の美少女姉妹

《一生懸命、でも楽しく子育てをしている中、いつもの様に様々な噂がありました。娘2人とも、とっても思いやりのある、優しい子に成長してくれました。(略)何にも惑わされない皆さんの純粋な気持ちに、いつもいつも励まされてきました。感謝しています。皆さんこれからもよろしくお願いします。》

 Cocomiはデビューと同時に「Dior」のジャパンアンバサダーにも就任。16秒の予告動画ではパリの街を歩き、美しいフルートの音色を奏でる姿がおさめられている。2018年に日本版「ELLE」でモデルデビューし、同年8月に「BVLGARI」のアンバサダーに、9月に「CHANEL」のビューティーアンバサダーに就任した次女・Kōki,(17)と同じような形で、華々しいデビューを飾ったのだ。

静香ママが主導した鮮烈のデビュー

「Kōki,ちゃんはキムタク似のはっきりとした顔立ちの美少女でしたが、Cocomiちゃんは静香さん似。たおやかな雰囲気の日本的美しさもあり、『VOGUE JAPAN』で纏った紫のドレスがとても映えていました。Kōki,ちゃんのデビュー時と同様に、主導したのはもちろん静香ママ。プロジェクトは1年前から極秘に進められていました」(ファッション業界関係者)

《様々な噂》を全て覆した長女・Cocomiの芸能界デビュー。その陰には18年間にわたる母・静香の献身があった――。

 2001年5月1日に誕生したCocomi(心美)。出産の内祝いにCocomiの足型をプリントしたTシャツや、ココナッツ風味の紅茶セットが配られたのは、木村や静香のファンの間ではあまりにも有名な話だ。

「キムタク人気が絶頂だった当時、木村家が動けば写真誌や女性誌をはじめ多くのメディアが取材に走りました。多くの記事が掲載されましたが、一般人である心美ちゃんの顔はもちろんモザイクで隠すことになる。SNSもない時代ですから、心美ちゃんの姿はベールに包まれた。結果、多くのデマが一人歩きしました。その度に静香の心は荒れ、勝気な性格も手伝って、“教育ママ化”へ拍車がかかっていきました」(スポーツ紙芸能デスク)

 Cocomiは幼少期に英語教育に力を入れたプレスクールに通い、小学校からはお受験をして都内の名門インターナショナルスクール「X」に入った。1年遅れて入学した妹、Kōki,とともに中学校まで英国式の英才教育を受けている。

1/3ページ

最終更新:3/24(火) 23:27
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ