ここから本文です

<乃木坂46>ドキュメンタリー映画で知る、歴代センターの素顔<ザテレビジョンシネマ部>

3/24(火) 7:00配信

ザテレビジョン

3月25日発売の25thシングル「しあわせの保護色」で、“まいやん”こと白石麻衣が卒業することで話題となった乃木坂46。白石をはじめ、国民的アイドル・グループの歴代センターの素顔を映し出してきた、ドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』(‘15)、『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』(’19)。一期生たちがグループに所属する前後に抱えた悩みや葛藤、そして決意などを、メンバーの実際の声を交えて、改めて考察したい。

【写真を見る】ドキュメンタリーにはデビュー当時からの白石麻衣らの貴重な映像が!(写真6枚)

2011年、AKB48の公式ライバルとして結成された乃木坂46。その発表記者会見で、プロデューサーの秋元康氏が「コンセプトがないことがコンセプト」と発言したことなどで困惑したメンバー。

まるで暗闇の中を走り続けるような状況下、翌年リリースのデビュー・シングル「ぐるぐるカーテン」でセンターを務めたのが、生駒里奈である。その後、5 thシングル「君の名は希望」まで連続センターを務め、世間的に“乃木坂=ショートカットの生駒ちゃんがいる”というイメージを定着させた彼女。

感情表現が豊かで、情熱キャラで知られる彼女だが、小学生でいじめに遭い、高校では中学の大親友と離れ離れになったことで不登校に。父親に勧められた乃木坂46のオーディションを受けた理由も「学校生活から逃げ出したかったから」と語っている。

そんな彼女が、将来が期待されるグループのセンターを務めることの重圧はただならぬものだった。日々自身と向き合って格闘した彼女は、“交換留学生”としてAKB48との兼任を機に、気持ちを切り替え、新たなスタートを切ることになった。

ちなみに、卒業発表後の20thシングル「シンクロニシティ」では最後のセンターを務める予定だったが、それを辞退したのも彼女らしいエピソードである。

生駒に代わり、「シンクロニシティ」で、6thシングル「ガールズルール」以来となる単独センターを務めたのが、白石麻衣。その類いまれなる容姿で、デビュー時から“ポスト小嶋陽菜”として注目され、同世代が憧れるファッション・リーダーにもなった彼女。

歌やダンスを学んでいた音楽専門学校の講師の勧めで乃木坂46のオーディションを受けたのだが、彼女も中学校でいじめを受けたことによる不登校を経験。

一方、元ソフトボール部で、その体育会系としての顔は、メンバーを後ろから見守る姉御そのもの。まさに“守護神”のような存在感を放っていた。自身がアイドルを目指していたわけではないが、インタビューではメンバーとしてのプライドを持ち、世間からのグループの見られ方などを常に意識。

とにかく仕事に対するプロ意識の高さがうかがえ、それだけにデビュー3年目の2014年、確実視されていたNHK紅白歌合戦に乃木坂46が出場できなかったことは、これまでの活動でもつらかったエピソードのひとつだろう。

2019年放送のドラマ『あなたの番です』での怪演で、女優としてひと皮むけた感のある西野七瀬も、卒業シングルとなった22nd「帰り道は遠回りしたくなる」まで、単独センター4作&Wセンター3作を務めてきた。

看護師を目指していたものの、母親が黙って応募したオーディションを受けたというエピソードが語るように、彼女はどこか奥ゆかしいお嬢様イメージが強かった乃木坂46の象徴的な存在だったといえる。

インタビューでも「アイドルに向いていない」「私なんて」といったネガティヴ発言が多かった彼女にとって転機となったのは、8thシングル「気づいたら片想い」でセンターを務めたとき。

戸惑いはかなりのものだったようだが、自身で「あまりヘナへナしなくなった」と語るように、妥協を許さないストイックで真面目な性格が前に出るようになり、その後の活動で芯の強さを見せることも増えた。センターとしての壁を乗り越えたことで、女優としてのステップが見えたとも考えられる。

そして、シングル表題曲の初センターを務めた15 thシングル「裸足でSummer」以来、快進撃を続け、白石卒業後の乃木坂を牽引していくであろう齋藤飛鳥。日本人とミャンマー人とのハーフで、子役として活動していた彼女も、小学生で不登校になり、引きこもりが続いていた過去がある。

その後、知人の勧めでオーディションに応募し、乃木坂46のメンバーとなるものの、表題曲選抜メンバーに選ばれないアンダー(非選抜)になることもしばしば。さらに、文学少女であった彼女は、世間が求めるような笑顔を振りまくアイドル像とのギャップに苦悩する。

だが、それを否定し、何事にもこびない自然体キャラを出したことで、新たな魅力を得ており、2度目の単独センターを務めた21stシングル「ジコチューで行こう!」は、そんな彼女の気持ちを表わしていると言えるだろう。

2本のドキュメンタリー映画では、“思い出の場所”を訪れる歴代センターに密着。生駒は秋田の実家に帰郷して大親友と再会し、白石は通っていた専門学校のある渋谷の街を久しぶりに闊歩し、西野は地元、大阪の“じいちゃん”宅で、何気ない時間を過ごす。

そんななか、「どこかで地元を避けていた」と語っていた齋藤は、初めての同窓会に出席。カメラが同行しているとはいえ、そこで見せる彼女たちの素の表情に接することで、これまでとは違う乃木坂像が見えてくるはずだ。

■ 文=くれい響

1971年生まれ。TV番組制作、『映画秘宝』編集部を経て、映画評論家に。雑誌、ウェブ、劇場パンフレットなどに映画評やインタビュー記事を寄稿。(ザテレビジョン)

最終更新:3/24(火) 7:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事