ここから本文です

仲里依紗、中村倫也主演ドラマ『美食探偵』出演 小池栄子の指示で夫の“解体”を試みる主婦に

3/25(水) 5:02配信

リアルサウンド

 4月12日より放送がスタートする中村倫也主演ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)に、仲里依紗が出演することが決定した。

【写真】仲里依紗演じるれいぞう子

 本作は、『海月姫』『主に泣いてます』『ママはテンパリスト』『偽装不倫』『東京タラレバ娘』などで知られる東村アキコ原作の同名漫画をドラマ化するサスペンス。私立探偵・明智五郎(中村倫也)が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら、殺人鬼へと変貌する主婦と対決する模様を描く。

 主人公・明智五郎の相棒・小林苺役を、日テレドラマ初出演となる小芝風花が演じる。小林苺は、移動販売のワゴン車で美味しい弁当を売りながら、常連客である明智に巻き込まれて、いつのまにか、探偵の助手をさせられてしまう役柄。また、明智と禁断の愛で惹かれ合う連続殺人鬼・自称“マグダラのマリア”役で小池栄子が出演。明智との出会いをきっかけに、連続殺人鬼へと変貌してしまう主婦という役どころだ。また、明智を邪魔者扱いするくせに、結果助けられてしまうちょっと残念な警視庁のベテラン警部・上遠野を北村有起哉、明智の大ファンで、捜査内容を明智にペラペラしゃべってしまう新米エリート刑事・高橋を劇団EXILEの佐藤寛太、苺の親友・桃子を富田望生、そしてマグダラのマリアに初めて殺人を依頼するりんご農家の娘・古川茜を志田未来、マリアに惹かれ殺人を依頼するフレンチレストランのオーナーシェフ・伊藤を武田真治がそれぞれ演じる。

 仲は、マグダラのマリアの指示で、伊藤とともに夫の遺体を“解体”しようとする主婦・桐谷みどり/れいぞう子役を務める。みどりは、結婚当初は愛する夫のために心を込めて料理を作ろうと意気込む心優しい妻だったが、母親の料理ばかりを好む夫に耐えられず、殺人に手を染めてしまう。

 出演が発表された仲と荻野哲弘プロデューサーからはコメントが寄せられている。

仲里依紗 コメント
れいぞう子役で出演させていただくことになりました。
最近は、明るい役が多かったので、久しぶりに地味な役をいただいたかなと思ったら、すごいことをやってしまう人でした。幸せだった夫婦が一転します。その裏に何があったのか、是非観ていただきたいです。
そして、先々、マリア・ファミリーとしてどうなっていくのか、私自身も今からとても楽しみです。

情報・制作局 荻野哲弘プロデューサー
今回、『美食探偵 明智五郎』のゲストは、主に小池栄子さん演じる自称“マグダラのマリア”に背中を押され殺人に手を染める役になります。第1話&第2話の志田未来さん、第3話の武田真治さんに続き、第4話で仲里依紗さんに加わっていただけることは、プロデューサー冥利に尽きるとしか申しようがありません。
数々のドラマや映画で主役やヒロインを務める一方、エッジの効いた作品でも爪痕を残していらした仲さんでも、今回の“れいぞう子”という役がしでかしてしまうことを演じられるのは、初めてなのではないでしょうか。
それほど、衝撃的な役だと思います。
ですが、決して衝撃的なだけではなく、“れいぞう子”こと桐谷みどりという、真っ白い冷蔵庫の中を夫に作る美味しい料理の食材で一杯にすることを夢見た女性が殺意を抱くに至る過程は、東村アキコさんの原作ならではの、多くの女性に共感していただけるドラマになっていると確信しております。
是非ご覧下さい。

リアルサウンド編集部

最終更新:3/25(水) 5:02
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事