ここから本文です

イタリア「移動禁止令」無視して摘発された人…ついに10万人超え

3/25(水) 18:37配信

SmartFLASH

 イタリアで、新型コロナウイルスによる死者が激増、3月24日現在で7000人に迫っている。

 感染拡大を止めるため、10日から移動制限を出してきたイタリア政府だが、23日から、さらに厳しい措置が取られている。食料品関連や輸送業を除き、企業の不要不急の生産活動を4月3日まで停止。その他の仕事は在宅勤務以外認めず、できる限り外出を控えるよう要請した。

 外出する場合は、来た場所・目的地・何の用事かを記した外出許可証を携帯する必要がある。

 違反した場合、当初200ユーロ(約2万4000円)ほどの罰金が科せられたが、24日、コンテ首相が会見で上限を3000ユーロ(約36万円)に引き上げると発表。

 いまだに平気で外出している人々に対し、コンテ首相は「規則を守ることが、親しい人のためだけでなく、国際社会が緊急事態を乗り越えることにも役立つ」と念押ししている。

 とはいえ、不要不急の外出をしてしまう人が後を絶たないようだ。グローバルメディア『QUARTZ』は、3月24日、これまでに正当な理由なく外出したとして、計10万2316人が摘発されたと報じた。

 こうした事態に、イタリア各地の市長たちも危機感を強めている。

 3月24日の『CNN』によれば、《南部の港町レッジョ・カラブリアでは20日、市長が犬を散歩させている市民を見かけ、SF映画「アイ・アム・レジェンド」で生き残ったヒーローを演じるウィル・スミスではないのだから帰宅しろ、としかりつけたことを報告。市内の道路は警察がドローン(小型無人機)で監視していると警告した》という。

 一方、移動制限の効果が出始めているとのデータもある。イタリアの国家市民保護局長は、『La Repubblica』紙で「2週間前に取った措置が成果を出し始めている」と主張。今後のデータを注視していく方針を示した。感染拡大に歯止めはかかるのか。

最終更新:3/25(水) 18:42
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ