ここから本文です

玄米もジムも不要? 「やめる」ことで美しさ目指す友利新さん新著、美容疲れのあなたへ

3/25(水) 8:10配信

オトナンサー

「私と同じように子育て中の方はもちろん、お仕事や家事で忙しくされているみなさん。忙しさを理由に美容を諦めるのではなく、『やめる』ことで日々の生活を変えてみませんか」(「はじめに」より)

 内科医・皮膚科医で、3児の母でもある友利新さんの新著「やめる美容」(光文社)が、3月25日に発売されました。世の多くの美容法や食事法は意味がないか逆効果であり、新しいことを始めるのではなく、間違った行動を「やめる」ことで美しくなれると説く内容。友利さんは「美容のために疲れてしまっている人に読んでほしい」と話しています。

コンビニサラダは「やめるべき」

 同書は「第1章 食べ方の基本」「第2章 オイルのやめ方、選び方」「第3章 やめるべき20の習慣」「第4章 生活習慣」の4章構成。

「第1章 食べ方の基本」は、「やめる」前に知っておくべき正しい「食」に関する知識を学べる内容で、「肉」「魚」「野菜」「主食」「乳製品」「乳酸菌」「大豆製品」「発酵食品」「ナッツ類」「コーヒー」のそれぞれについて、おすすめの食材や食べ方を紹介。

「第2章 オイルのやめ方、選び方」では、体で作れる「オメガ9」、作れない「オメガ3」「オメガ6」の性質を解説し、体の老化を引き起こす「オメガ6」の過剰摂取をしないよう、注意を促しています。

「第3章 やめるべき20の習慣」はこれらを踏まえた、同書の“目玉”とも言うべき内容。例えば、「コンビニサラダ」はドレッシングに「オメガ6」がたくさん含まれるのでやめた方がよく、同様に「サラダチキン」も「オメガ6」が多いため避けた方がよいとのこと。一見、美容や健康によさそうな「家ごはん」「グルテンフリー」「ランニング」まで、「やめるべき」ものとして挙げられています。

 さらに、「第4章 生活習慣」では、「食事の時間」「間食の仕方」など友利さんが日常生活の中で実践している、美容と健康のための工夫やテクニックが紹介されています。

 第2子出産後、「多忙な毎日でもきれいでい続けたい」と思ったことから、「やめる」にたどり着いたという友利さん。「知識があれば、どんな美容法や健康法が流行しても、(やるべきか)自分で判断できるようになります。健康や美容のために疲れてしまっている方、女性だけでなく男性にも読んでほしいです」と話しています。

オトナンサー編集部

最終更新:3/25(水) 8:10
オトナンサー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事