ここから本文です

「殺人級の左拳」の米21歳有望株 “高速ボディー50連発”に米絶賛「この子は野獣だ」

3/25(水) 20:03配信

THE ANSWER

若手有望株ライアン・ガルシアが高速ボディーを披露、ファン「この少年は本物だ」

 ボクシングのトッププロスペクト(若手有望株)、20勝(17KO)の21歳ライアン・ガルシア(米国)が虎視眈々とトレーニングに励んでいる。米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」がツイッターにサンドバッグを打つ様子の動画を公開。23秒間で約50連発の“高速ボディー”に「殺人級の左拳」「相当速い」「この子は野獣だ。じっくり育ててください」と反響が集まっている。

【動画】「殺人級の左拳」「相当速い」と米絶賛! グラブのロゴが確認できないほど…21歳ガルシアの“高速ボディー50連発”の実際の動画

 数えるのが大変だ。吊るされたサンドバッグの前に立つガルシア。緑と黒のグラブを装着し、戦闘態勢に入った。左、右、左。さらに左、左、左と高速ボディーの連打にフックを織り交ぜている。揺れるサンドバッグを止めてさらに猛ラッシュ。気合の入った声を上げながら、右、左と交互に強烈な拳をぶつけた。

 全身のバネを駆使しながら、しなやかに繰り出す左ボディー。えぐられたら相手はひとたまりもないだろう。ブリーチャーレポートはツイッターに動画付きで「このスピード」と投稿。海外ファンから称賛の声が相次いでいる。

「この少年は相当速い……」
「シュガー・レイ・レナード以来のスピードでは?」
「なんてパワーだ」
「この子は野獣だ。じっくり育ててください」
「彼は『This』とパンチする時に言っているの?」
「殺人級の左拳」
「彼には筋肉が詰まっているね」
「この少年は本物だ」
「カネロと戦うところが見たい」

 2月14日(日本時間15日)には、WBCライト級シルバータイトルマッチでフランシスコ・フォンセカ(ニカラグア)にわずか80秒で衝撃の失神TKO勝ちを収めた。海外ファンが大きな期待を寄せる21歳。世界王座へ駆け上がる日は近いかもしれない。

THE ANSWER編集部

最終更新:3/25(水) 20:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事