ここから本文です

上戸彩、余裕たっぷりの”ズルかわ”な表情で新CM出演! 渡部建「なんかズルい、、、」

3/25(水) 4:00配信

ザテレビジョン

女優の上戸彩が、「ソーダストリーム」の新CMにアンバサダーとして初登場。ブランドアンバサダーを務めるアンジャッシュ・渡部建と共に、3月25日(水)より全国で放送される新CM「作りたて炭酸水」篇、「強炭酸ハイボール」篇、「ご飯も料理も美味しく」篇に出演する。

【写真を見る】リラックスした表情で語る渡部建&上戸彩のメーキングカット

「ソーダストリーム」は、自宅で出来立て生炭酸を楽しめる世界No.1の炭酸水ブランド。今回、ブランドアンバサダーの渡部に加え、上戸が新たにブランドアンバサダーに就任した。それを記念して、渡部と上戸の出演する新CMが制作された。

本CMでは、ソーダストリームのCM出演3回目となる”先輩“渡部が上戸に対し、自信満々にソーダストリームと炭酸水の魅力を問い掛ける。そんな渡部に引けを取らない余裕たっぷりの表情でテンポよく答える上戸に、渡部も驚きを隠せない。

そして上戸の最後の一撃には思わず「なんかズルい、、、」と素を出してしまう渡部と、余裕たっぷりの”ズルかわ”な表情でその自信を表現した上戸のコントラストが楽しめそうだ。

■ 撮影エピソードを紹介!

この日、渡部は早朝のグラフィック撮影からスタート。スタジオに入るなり「炭酸水を飲んで1日乗り切りたいと思います!」と長丁場となる1日の意気込みをカメラに向かって宣言した。

また、CM撮影ではおなじみの監督から説明を受けると、のちに上戸もイチオシのアクションが誕生し、笑いが絶えない現場に。撮影終了前も、朝から撮影を続けているとは思えない渡部の面白過ぎる演技に、スタッフの疲れも吹き飛び、最後は笑顔で撮影を終了した。

一方、もともと炭酸水が大好きだという上戸は、今回のCMでは飲むだけでなく料理にも使えるという内容がある中、撮影開始前に先輩アンバサダーである渡部に炭酸水の活用法やシリンダーの使い方について質問。

炭酸水を使うと煮物や卵焼きなどの料理もおいしくなると聞いた上戸は、感心しながら「挑戦してみたい!」と語り、和気あいあいとした雰囲気で撮影がスタートした。

撮影中の炭酸水を飲むシーンでは、見ている側までスッキリ爽快な気持ちになれるような表情を次々と披露。美しい笑顔に、監督からも「最高にいいです!」「完璧です!」との声がかかり、順調に撮影を進めていった。

■ 渡部&上戸からコメントが到着!

――アンバサダーに就任されていかがですか?

上戸:うれしいです! もともと炭酸水が大好きなので、ありがたい気持ちでいっぱいです。

――今回の共演についていかがですか?

渡部:今までは相手がロボットや過去の自分だったので、こんなにすてきな方と共演できて、最高です(笑)。

上戸:ソーダストリームのCMは、いつもインパクトがあって、ちょっと不思議なイメージがあったので、今回そのCMに参加できるということで、渡部さんにたくさんお話をお聞きしてしまいました。

――炭酸水の楽しみ方を教えてください。

渡部:晩酌ハイボールや最近は煮物や卵焼きなどの料理に活用しています。ミニボトルで作ったものを冷やしておいて、寝起きに一気に飲んだりもしています。

上戸:子どもがスイッチ押すのをものすごく楽しんでいて、シュワシュワシュワ~がたまらないみたいで、友達の子どもがいると「私も私も~」となって、そういう楽しみもあります。

残った分は冷蔵庫に入れておいて、次の日ちょっと炭酸が抜けたのをまたおいしく飲みます。今日料理にも使えると聞いて、これから挑戦してみようかなと思います。

――今回のCMはいかがでしたか?

渡部:いい意味でちょっとお茶の間でテレビを見てて違和感が残るようなCMだったと思います(笑)。ご期待いただければと思います!

上戸:渡部さんのアクションにご注目ください!(笑)

――普段やっているエコなことは?

渡部:ソーダストリームを使い始めて、本当にペットボトルの数が減りました。

上戸:私はマイボトルを持ち歩くようにしています。ドラマの撮影などでもいろんな飲み物が飲みたくなることがあるのですが、なるべくマイボトルを持ち歩いて、飲むものを決めるようにしています。

(ザテレビジョン)

最終更新:3/25(水) 4:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事