ここから本文です

超特急ライブBlu-rayをリリース!「ライブは〇〇〇です」【Part2】

3/25(水) 9:05配信

ザテレビジョン

3/25(水)にBlu-ray「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolución viva」をリリースする超特急。インタビュー中編では、彼ら自身も本番中には気付かなかった、映像ならではの見どころをレクチャー! さらに映像には収められていない本番前の過ごし方や、大阪公演で飛び出した「ライブはデート」というタカシの名言に続くフレーズも考案してもらった。

【写真を見る】タカシの名言「ライブはデートやからな」にも言及!

■ 超特急って本当に“情緒不安定”だなって思いました(笑)(リョウガ)

――今回の映像作品をあらためてご覧になってみて、ここに注目してほしいと思ったのはどういうところでしたか?

カイ:やっぱり、あれじゃない? 大阪公演のクリスマスメドレーの始まり……。

タクヤ:ちょっと、ちょっと!

カイ:そこでのタクヤの“センター感”を見てほしい(笑)。

リョウガ:センター感出てた(笑)。

カイ:5人で迫り上がりから登場するんですけど、あそこは本来であれば全員が横を向いた状態から前を向く予定だったんです。

タクヤ:けど、僕は最初から前を見ちゃってるんだよね(苦笑)。

リョウガ:実はミスなんですけど、タクヤがセンターだったから分からないっていう。

カイ:もはやあれで正解だよ(笑)。

――そこは注目ポイントですね(笑)。その他、映像を見て感じたことや気付いたことはありましたか?

タカシ:僕は正直、ライブ中の細かいところまでは覚えてないことが多くて(苦笑)。もちろん、8号車のみんなの景色とかは覚えているんですけど、特に自分が歌っている間はダンサーがどんなことをしているか分からなかったりするから、映像を見返したときに初めて気付くことも多いです。あとは、自分がこんな表情をしていたんだなとか、この曲のここでフェイクしたんだなとか。そういうのは結構面白いなと思いながら見ていますね。

――ボーカルとしては歌の方が気になっちゃうんですね。

タカシ:そうなんです。僕の場合、収録や中継が入るって聞いただけでも、いつも以上に緊張感を感じるタイプなので……。そういうときほど細かい部分を覚えていないので、大丈夫だったかなと思いながら映像を見ることが多いんです。

――今回の公演はどうでしたか?

タカシ:大丈夫でした(笑)。

――ユーキさんは映像を見てどんなことを感じましたか?

ユーキ:みんなの表情にも注目してもらいたいなと思いましたね。東京公演の「gr8est journey」は、ステージにいるときにはメンバーの表情とか分からなかったんですけど、やっぱり最終日のダブルアンコールということで、終わっちゃうんだ……みたいな、何とも言えない表情を1人1人がしていて。大阪公演の「Billion Beats」も、他の曲ではみんな元気だったり、変顔だったりをしている中、この曲では表情で訴えかけるような瞬間になっているんです。そういうところでライブに来ていた人はそのときのことを思い出して欲しいし、来られなかった人も、このBlu-rayを見ることでその場にいるような気持ちになってもらえたらなって思います。

――タクヤさんはどうですか?

タクヤ:まず最初に思ったのが、想像以上にムービングステージが高かったんだなぁって感じました(笑)。あとは、今ユーキも言っていた通り、メンバーのいろんな表情が見られるんじゃないかなと思います。東京公演での「STYLE」は、映像を見たときに僕自身すごく楽しんでいるなぁって。マイクスタンドを使ったパフォーマンスも久しぶりでしたし、振り付けの中にはコーラスをしてるっぽくマイクに向かうポイントが決まっているんですが、僕、そことは全然違うところで熱唱していて(笑)。すごく楽しかったんだと思います(笑)。

――リョウガさんも映像を見見た感想を教えてください。

リョウガ:今に始まったことじゃないですけど、映像を見てあらためて超特急って本当に“情緒不安定”だなって思いました(笑)。前向きな曲もあれば変顔ばかりする曲もあるし、他にもセクシーな曲だったり、王道の爽やかソングだったり、かなり展開が激しくて。その中でも「Don’t Stop 恋」は特に情緒不安定(笑)。映像だとよりメンバーの表情やパフォーマンスが分かるので、この曲はおそらく何度も見返したくなると思います。そんなふうに、見る側も疲れるようなライブにもかかわらず(笑)、8号車のみんなはそれに付いて来てくれて、終始一体感があるんですよね。そういうライブができるのは、きっと超特急だけというか、唯一無二のステージパフォーマンスになっているんじゃないかなと思いました。

――カイさんはどうでしたか?

カイ:自分たちがすごく楽しそうだなというのは、僕も感じました。あとはやっぱり、大阪公演ならクリスマスメドレー、東京公演は殺陣っていう、その会場にしかないものもありますし、曲のアレンジも「Whiteout(P.S.C Live ver.)」がジャズっぽくなっていたり、「Billion Beats(P.S.C Live ver.)」がクリスマステイストになっていたり、「SAY NO(S.B.N Live ver.)」が和っぽくなっていたり、ちょっとだけ変わっています。それも超特急の曲の新しい魅力になっている気がして、今後いろんな曲でアレンジを変えてやってみるのもいいかもなと思うきっかけになりました。

■ 振り付けやフォーメーションは必死で体に叩き込みました(ユーキ)

――これだけ異なる内容のライブを短期間で行うは本当に尊敬します。みなさんどうやって覚えているんですか?

ユーキ:いや~、正直覚えてないです。

リョウガ:え、覚えてないの!?(笑)

ユーキ:あれです、押し出し方式と言いますか。

リョウガ:何だよ、それ(笑)。

ユーキ:大阪公演の期間中は、東京公演のことは一旦忘れるんです。で、大阪が終わったらリセットして、東京のことだけを考えるみたいな。

リョウガ:上書きしまくっちゃうわけね。

ユーキ:そうそう。

タクヤ:覚え方はさまざまで、人によってはフォーメーションをメモったりしています。

ユーキ:でも、変更も結構たくさんあったので。

リョウガ:当日にね。

ユーキ:そう。だから、うわぁ~!ってなりつつ、必死で体に叩き込みました。

――途中で忘れちゃって大変なことに……みたいなのはないんですか?

カイ:あんまりないかな。

タクヤ:細かいところはありますけどね。大きなのはないかも。

――振り付けやフォーメーションもですが、タカシさんは歌詞を覚えるのも大変そうですね。

タカシ:歌詞もいつもギリギリの状態です(苦笑)。でも、本番のときまでその状態だったら絶対ダメだと思うので、ライブが決まったらリハーサルの段階から超特急の曲しか聴きません。

――他の情報が入らないように。

タカシ:はい。超特急に専念する。そうじゃないと覚えられない。

――本番前はみなさんどんなふうに過ごしてるんですか? 

タカシ:僕はボイトレしています。

ユーキ:僕はアップです。本番でアクロバットをするので、体のコンディションを見てくださる方に指導してもらっています。疲れが溜まっていたりすると、自分ではできているつもりでも実はできていないってことがあって……。そこを見てもらうようになってから、かなり安定した形でできるようになりました。

リョウガ:頑張ってるんだなぁ。ジーンとしちゃったよ(笑)。

――そんなリョウガさんは本番前に何をしてることが多いんですか?

リョウガ:日によって違うんですけど……。非常にギリギリの状態のときは通し動画を見て復習したりするんですが、それ以外の日は結構まったりと過ごすことが多いですね。漫画を読んだりとか(笑)。家にいるみたいな時間の過ごし方をしています(笑)。

――カイさんやタクヤさんはどんなふうに本番前の時間を過ごしていますか?

タクヤ:僕はヨシ、行くぞ!ってタイプじゃないので、結構ぼーっとしますね。座っていたいなって思います(笑)。

リョウガ:座っていたい(笑)。

カイ:僕は超特急じゃない曲を聴いてるかな。あとは、結構人と喋っていることが多いかも。タカシとは逆で、僕の場合は余計なことを考える方が、本番に集中できる気がします。

■ ライブはデートです(タカシ)

――大阪公演ではタカシさんの名言がありましたね。

リョウガ:何だっけ? 本人の口から聞きたいな。

カイ:(MCを再現して)「タカシさ、ライブの日に着てくる服がすごくオシャレになったよね?」

タカシ:「ああ、ライブはデートやからな」

リョウガ:これこれ! 本当、気持ち悪いですよね(笑)。

ユーキ:(爆笑)

カイ:バックステージでのやりとりなんですけど、その場にいた全員がドン引いた(笑)。

リョウガ:マネージャーも含めて(笑)。

タカシ:いや、それは、今お世話になっているボイストレーナーさんから教わったことで……。

リョウガ:何かそれ、ボイストレーナーさんを盾にしてない?

タカシ:いやいやいや。歌はメンタル的なものもすごく大事だって教えられてきたから、それを実践しているだけです!

――ということで、今回はみなさんに「ライブは◯◯」に入る言葉を教えていただければと思います。

リョウガ:え~、何だろうな……。

(一同熟考中)

タカシ:ライブはデートやからな。

――みなさん悩んでますね……。満場一致でデートってことにしますか?

タカシ:全然そうじゃないでしょ(笑)。

カイ:あんだけ気持ち悪いとか言われていて(笑)。

タカシ:それでデートだったら逆にビックリするわ(笑)。

リョウガ:難しいなぁ。

カイ:ライブは夜景、ですかね。

リョウガ:おっ! と、言いますと?

タカシ:大喜利みたいやな(笑)。

カイ:夜景って引きで見たら一つの大きな光だけど、細かく見ていくと、例えばマンションだったら一つの光の中に家族がいて、それが4人家族だったら4人の人生があって。そういうのと同じようにペンライトの光も、それを持っている8号車のみんなそれぞれに家族がいて、人生があって。それが集まってあの景色になっていると思ったら、夜景みたいだなって思いました。

――素敵ですね。他に何か浮かんだ人はいますか?

カイ:ユーキは?

ユーキ:(ライブは)旅行、じゃないですか?

カイ・リョウガ:旅行!?

タクヤ:急に変わった(笑)。

リョウガ:いや、きっと理由があるはず。なんで?

ユーキ:えっと、やっぱり旅行って楽しいじゃないですか(笑)。

カイ・リョウガ・タクヤ・タカシ:(爆笑)

リョウガ:なんだよ~(笑)。

ユーキ:いや、でも、その場の景色を見に行くのが旅行だし。ライブもそこでしか見られないものだから、それを旅行に例えてみました。8号車の中には、わざわざ遠征して来てくれている子もいると思うので、ライブで見る景色はもちろん、遠征先で観光したり、そういうのもセットで楽しむという意味で「ライブは旅行」でお願いします(笑)。

――はい(笑)。タクヤさん、リョウガさんはどうでしょう?

リョウガ:ずっと考えてるんですけど……。

タクヤ:デートです。

リョウガ:ええ~!

カイ:リョウガは? ライブは……?

リョウガ:……デート。

タカシ:嘘やろ!?

カイ:となると、賛成多数でデートに決まり。

タクヤ:可決しました。

――では、「ライブはデート」ということで(笑)。

リョウガ:タカシ、無罪!

タカシ:なんで有罪やったん(笑)。

カイ:冤罪だったね(笑)。

リョウガ:逆転無罪で良かった、良かった(笑)。

※インタビュー【Part3】へ続く(ザテレビジョン・取材・文=片貝久美子)

最終更新:3/25(水) 9:05
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事