ここから本文です

外出せずとも購入可!セリーヌの「オート パフューマリー コレクション」が待望のEコマースに登場

3/26(木) 7:12配信

ハーパーズ バザー・オンライン

表参道、銀座、心斎橋大丸のブティックで展開し、好評を博していた「セリーヌ オート パフューマリー コレクション」。そんな人気アイテムが、いよいよeコマースでの販売をスタートさせた。

【写真】 華やか&ハッピーな2020春の新作フレグランス9選

「セリーヌ オート パフューマリー コレクション」は、「セリーヌ」のアーティスティック、クリエイティブ、イメージ・ディレクターのエディ・スリマンがプロデュース。2004年に「ディオール・ラ・コレクシオン・プリヴェ」を手掛けた彼の経験からも、フランスの高級パフューマリーのノウハウが生きた選りすぐりのコレクションだ。

彼が心から大切にしているタイムレスな洋服への魅力、トーン、概念を香りへと置き換えたと言っても過言ではなく、彼が愛する瞬間、場所、人々の思い出を抽出している。

香りは全部で11種類。“DAILY(デイリー)ライン”と“EVENING(イヴニング)ライン”の2つのラインで構成されている。エディ・スリマンがそれぞれのパフュームに選んだ11の名前は、彼の香りに関する記録に由来し、「サン・ジェルマン・デ・プレ」のように場所にちなんだものから、「パラード」、「ナイトクラビング」などのシーンにちなんだものまで、彼のクリエーションのエスプリを感じさせるものばかり。

また、すべて高品質な天然素材が用いられ、ツリーモス、アイリス、ローズ、あるいはシプレアコードといった60年代から70年代にかけてのフランスのパフューマリーを象徴するノートを採用。すべてに共通して、彼が大切にしてきたパウダリーなノートが肌の上を透明のベールのように包み込み、まるでクチュリエのエレガントな痕跡のように、余韻を残すのも特徴だ。

11の香りのうち「ボワ・ドルモン」と「ランボー」は2020年の発売予定なのでお楽しみに。

最終更新:3/26(木) 7:12
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事