ここから本文です

お次はZ900RSカフェベース! Z1-Rスタイルのドレミ外装キット公開

3/26(木) 5:30配信

WEBヤングマシン

ヤンマシWEBモーターサイクルショー#2 ドレミコレクション

大阪は3月20日、東京は3月28日から始まる予定だったモーターサイクルショーの代わりにヤンマシWEBモーターショーで最新情報をお届け。前回お届けしたZ900RSのGPZ900Rニンジャスタイルに続くのは、美しいカフェレーサーのZ1-Rスタイルだ。

【写真】マークIIスタイルやZ1Rスタイルのディテールを見る【7枚】

●撮影:鶴身健

同じカフェでもZ900RSカフェと異なり直線基調に変身

メーカーメイドのカフェレーサーとして元祖的な存在のZ1-Rは、今でも空冷Zで高い人気を誇る1台。1978年の登場はZ1000MkIIよりも1年早く、角Zの元祖としても歴史に残るモデル。そして、国産車で初のフェアリング付きというのもZ1-Rの特徴だ。これを、Z900RSカフェをベースに再現したのが、岡山・ドレミコレクション(以下ドレミ)のZ1-Rスタイルだ。

前回は、Z900RSベースのGPZ900Rニンジャスタイルを紹介したが、今回はZ900RSの「カフェ」仕様がベース。これに、元祖カフェレーサーであるZ1-Rの直線基調の外装を載せることで、同じカフェでも完全に異なるスタイルに変身させることに成功した。ビキニカウルとテールまわりは、Z1-Rオリジナルと同形状のドレミ製を使うことで、再現度を高めるのはニンジャスタイルと同じ手法だ。

キモは、ニンジャスタイルの記事でも解説したように、スチール製のインナータンク(税抜き3万9800円)。Z900RS/カフェ用の様々なスタイルで共通で使えるようにすることで、高価になりがちな燃料タンクの価格を抑え、カバーを変えるだけで自在にイメージチェンジを図れるようにした。気になる容量もスズキ・KATANAの12リットルを上回る14リットルを確保しているのもポイントだ。

【DOREMI COLLECTION Z900RS Z1-R STYLE コンセプトモデル】 Z900RSカフェのカウルステーを流用してZ1-Rのオリジナルと同形状のビキニカウルを装着したドレミ仕様。前後18インチ(STDは17インチ)のモーリスマグホイールがクラシックイメージをさらに演出している。

1/2ページ

最終更新:3/26(木) 7:54
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事