ここから本文です

ケンダル・ジェンナーのボディメイク術、秘訣は“代謝アップ”。

3/26(木) 20:21配信

VOGUE JAPAN

バランスのいいスリムなボディの持ち主のモデル、ケンダル・ジェンナー。そんな彼女のボディメイク術を、私、セレブウォッチャー・さかいもゆるがリサーチしてみたところ、その秘訣は“代謝アップ”にあるという。モデルらしからぬ、好きなものを食べるメソッドの中身とは?

グラマー揃いのカーダシアン姉妹でもひとりだけスレンダーな体型で、魅惑的なヴィジュアルも含め、あっという間に一流モデルの仲間入りを果たしたケンダル・ジェンナー。そんな彼女だけど、姉のクロエ・カーダシアン曰く「ケンダルってピザやハンバーガーが大好き。だから、ダイエットのチート・デーには最高のパートナーなのよ。彼女は“アンチ・モデル・ダイエット”派なの」とか。

要は、「モデルは食べないで我慢!」という昔ながらの不健康な食生活ではないということ。ケンダルが意識しているのは、代謝を上げる食生活。低血糖値の体質のため「Justin’s」のピーナッツ・バターやキャロットにフムスをディップしたものなどが欠かせないそう。また、たくさんの水を摂取することも心がけている。

普段はブラウンライスにグリルドチキン、スナックには野菜にフムスを塗ったものを食べているそうだけど、「ヘルシーじゃない食べ物も大好物なの。ピザとかフライドチキンとかね」。大好きなフローズン・ヨーグルトは、週2回食べることを自分に許可しているというし、週に1、2回は女友達と外食してパスタやピザもほうばっているという彼女。そして、有酸素運動と宣言していて、美しいヒップとバストを保つためにスクワットとプランクを行っている。

売れっ子モデルにしては、食事面はかなり緩く思えるけれど、代謝を上げるために「クスミ・ティー」のデトックス・ティーを1日12杯は飲んでいるそう。どうやら、これがスリムな体型をキープするためのいちばんの秘訣みたい。「朝目覚めたら最初にクスミ・ティーを飲んでいるわ」

ただ細いだけじゃなく、ツヤやハリもあるケンダルのヘルシー・ボディ。それにはやはり、ストイックになりすぎず、人生や食を楽しむ彼女の生き方が反映されているのかも。ケンダルのように細長い手足にはなれないけれど、健康的で美しいボディ目指して、私も“アンチ・モデル・ダイエット”、取り入れてみようかな。

VOGUE JAPAN

最終更新:3/26(木) 20:21
VOGUE JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事